<川は流れる>

Reiの好きなこと、ここだけの話

吹き替えについて

2015年09月04日 |  映画
映画館で映画を見るとき、
日本語に吹き替えられてる外国映画は絶対観ない。

お金がもったいない。
声のお仕事をしている方には敬意をもっているつもりですが
あくまで個人の事ですのでご了承ください。

何故かというと
俳優が好きで映画を見ることが多いので。
その俳優が大好きで、その人の作品を見たい!という強い想いで見てるので

やっぱりね、声もその人の一部なので。

私はもともと声に惚れるタイプで、
今一番好きな俳優「チャン・ヒョク」も
とにかく声が色っぽい。
低音ボイスで 吐息とともにもれる声は
耳元でささやかれたい声NO.1でしょ。

と、もう一人好きな俳優「ジェット・リー」は
長い間、吹き替えを(広東語)本人の声だと思ってました。
日本語ならすぐ吹き替えってわかるけど広東語じゃ・・。
でも、彼の本当の声を知ってからは
絶対本人の声、にこだわりました。

こちらも味のあるいい声をしています。

ジュリーファンなら理解できる?
声の大切さ。
たとえば、ジュリーの声が
外国で拭吹き替えられるとしたら?
100%ありえないですよね~。

「SABU」の一人語り聞きましたか?
最高ですよね。あのセリフが聴きたいがためにあの映画を見てる。

アベンジャーズ・ジェラシックワールドと
立て続けに観たい映画が公開されましたが
3Dと字幕は両立しないようです~><。

特に子供対象に夏休み公開された映画は吹き替え中心です。

子供に字幕を読む訓練を^0^;
私は画面の文字を一瞬で読めるので
字幕にこだわるんだと思います。
時間がかかる人は意味がわからないまま過ぎちゃうって言います。
だから吹き替えがいいという人、たくさんいます。

そうかー、字幕って画面の右端とか下とかに現れるので
映像の邪魔になるって人もいます。

映画の見方は人それぞれ。
自分の見方で楽しみましょ^^。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月の連休は | トップ | コオロギ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事