Fat-Diary

日々の喰いモノ呑みモノ散歩やら

渋谷 神泉“ いちのや 神泉店”

2010-01-19 21:00:13 | 蕎麦/饂飩/鰻/鮨
最寄:神泉/渋谷
電話:03-5459-6862
住所:東京都渋谷区神泉町20-22
定休:無
平日:11:30〜14:00(L.O) 17:30〜22:00(L.O)
土曜:11:30〜14:00(L.O) 17:30〜22:00(L.O)
日曜:11:30〜14:00(L.O) 17:30〜22:00(L.O)

久々に鰻が食べたいなぁ、と思ってたところに、
いいタイミングでお客さんとランチMTGが。
渋谷界隈で鰻を食べたことがなかったので、色々と調べてみると
コチラのお店が良さげなので訪問してみた。



重厚な作りの外観、本店は川越にあるらしく、
都内にはココ神泉と西麻布に支店がある模様。
ちなみに隣には一風堂で修行されたご主人が切り盛りする“麺の坊砦”があります。



焼き上がりに40分〜50分かかる、とのことなので
事前に電話で予約を入れてから訪問してみた。



店内はカウンターとお座敷、それに個室もあるらしい。
接待にも使われる理由がわかったな。とても落ち着いた店内。



カウンターに座り10分ほど、予約していた鰻重が登場。
毎度ではありますがテンションあがりますね〜〜〜〜。



オーダーしたのは弐段鰻重。それに追加で赤出汁を。



弐段重ということで、鰻が二層、お重の中に盛られてます。
コレはたまらん。しっかり、しっとり焼かれた鰻、
今日食べた感じではそれほど肉厚なモノではなかったな。



鰻の量に対してゴハンの量がちと少ないようにも感じたなぁ。
少食の私でさえペロっと完食出来たし、まだまだイケる感じだった。




メニューをフムフムと一通りみましたが、ちと高いすね。
今回食べた弐段鰻重もちと割高感が。

鰻重より割高感あったのは赤出汁....すんごい量少ないのに
一杯400円。老舗高級鰻屋さんでは標準なんでしょうか...。
都内で鰻食べるなら個人的には浅草行っちゃうなぁ。

味はもちろん問題なし、うむ。


なかのひと


携帯アクセス解析








スマートフォン解析

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本田 直之“パーソナル・マーケテ... | TOP | お土産:博多中州屋台 一竜 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL