"くたばるな" というタイトルで gooブログはじめました!

写真付きで日々の生きざまを書いて、楽しく過ごしたいのです。
どうかよろしく、お付き合いをお願いいたします。

葛飾北斎さんの漫画を読む

2017年07月12日 | 愉しい話
葛飾北斎の「『北斎漫画を読む』…江戸の庶民が熱狂した笑い 」が図書館で目に留まって、ありがたくも、愉しく拝読しました。

 欧米で最も知名度の高い日本人は葛飾北斎だそうです。そんなことも知らずに80年近く生きてきた自分が恥ずかしい次第です。
 「漫画」という言葉は、北斎さんが発明したのですよ。
北斎漫画は画の教科書・絵手本だとの名目で出版された。内容的には絵手本以上であり、洒落・滑稽・知的ユーモア・教養などがびっしり詰め込まれている。これこそが本来、北斎の意図するところでしょう。

北斎漫画の数千の画は、現代の漫画のルーツなのだと著者は述べておられます。
 武士、町人、農民、女性、動物等々の所業・争い等が楽しく描かれております。
楽しい図の一例を掲載しましょう。それぞれの時間帯の様が1枚に並べられているのも愉快ですね。
 
  最後に、私が飛びついた本の題名などを書きます。
「『北斎漫画を読む』…江戸の庶民が熱狂した笑い」有泉豊明著 黒文出版(平成22年10月28日)
 
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南米の国 エクアドルの楽団 | トップ | 老人介護者のつどい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。