子育て日記

良い子に育ちますように。頑張る日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

出会い

2017-07-12 08:12:36 | つぶやき
ずっと公立育ちで何でも自分で決めてきた主人とは違い、私は自分で決めることが殆どなかった。
拘りは強い方だったと思うが、母が出す「最善」の選択に勝る選択はなかった。

それはわが子への子育て方法にも当てはまり、
「何もしなくて良い」という主人と「フォローして誘導したい」私。

主人の子育ての考え方は好きではないけど、主人が歩んできた道は素敵だと思う。


主人は「幼稚園や習い事(習い事もしなくて良い)は、最寄りの場所で良い」という。
環境が悪かろうがどうであろうが、その中の環境でやっていけば良いと。

主人のその信念は変わらないので、何度か従うことにしたが、上手く行かない時もあった。
(わが子は主人と違って個性的なので、かな)
それでも主人の信念は変わらないので、その先に何かがあるかもと、理解しようと考えていた。


でも。
3年間続けたある習い事。
息子が小学生になる時に、息子の「どうしても通いたい!」思いの強さに押されて始めたのに、
もう一つモチベーションが低いのか、身が入っていないように見えるというか、ぱっとしないというか…。

3年間見続けて、私が親ばかで期待が大きかっただけで、今の現実がわが子なのだと、受け入れるようにしていた時。
たまたま友達におススメの教室があると声をかけて頂き、(最初は断っていたけど)一度見学に行ってみた。


その教室に入ってすぐ、頭をハンマーで殴られた衝撃があった。
そして心の中が空っぽになり、数日涙が止まらないほどの衝撃を受けた。

驚くほど良かった。


あれから2か月が過ぎた。
たった2か月。
でも息子のやる気も自信も結果も、そして私の心も、ガラッと変わった。
息子が変わった。落ち着いた。目標を持ち、それを公言するようになった。



いつでも親がフォローするのが良い事とは思っていないし、主人の生き方は素敵だと思う。
でも良い出会いを求めることはとても大事なことだと思う。
大事にしていきたい。
先生、ありがとう。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遺伝 | トップ | 的確な一言① »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。