徒然日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
内容非保証

京王電鉄バスのkintone他の活用の事例

2016-11-02 18:12:02 | 日記
==============================
CRM等を活用し、コーディングレスで社内業務アプリを内製開発するという話
京王電鉄バスのkintone他の活用の事例
==============================

====================
京王電鉄バス事例
====================
サイボウズの業務アプリケーション構築クラウドサービス「kintone」を活用
運転士管理や遺失物関連サービス用途などで約150のした業務システムを
kintone上で開発し、運用。

kintoneで150のアプリを次々開発、京王電鉄バスが業務改革の切り札に
://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/101800666/


稼働中のシステムの例
添乗評価アプリ
遺失物管理システム
社内から改善提案を募る「目安箱」アプリ
バスの車内無線LAN(Wi-Fi)の障害・保守状況を管理する「車両Wi-Fi保守管理」アプリ

構築中のシステムの例
「運転管理システム」アプリ(〜20
17年に各営業所のバスに順次導入)
現在 :バス搭載されたドライブレコーダーが運転状況を記録
バスが営業所に戻ったときに記録媒体(CF)を取り出し営業所PCに保管
問題点:データは営業所ごとに分断、全社的に分析活用が困難
改善 :ドライブレコーダー(900台)をIoT機器として、記録をクラウド上
で管理・分析できるシステムを整備。
Step1
バスの車内Wi-Fiは乗客用と業務用に論理的に分割されている。
この業務用のネットワークを使い、ドライブレコーダーのデー
タをデータセンターに集約する。
Step2
集約データをkintoneに取り込み「日報」「ヒヤリハット情報」
などを閲覧・分析、添乗評価アプリデータと連動させ運転士の
クセを把握し、運転管理の精度を高めたりする環境を整備
アプリはkintoneで開発し、kintoneが不得手なデータ連携は特化ツールである
アプレッソの DataSpider Servi
sta を利用したとの事。


CRM活用の利点と限界に関する見解
・kintoneは万能ではない
kintoneは成長途上のツールで、将来性に期待している面がある
データ入力・管理などを簡易に設計できる半面、
グラフ作成などの機能は強くない
大容量データの扱う機能も弱い
⇒弱点は他のツールと連携させることで補う必要がある

・それでも、以下のような利点がある
パッケージソフトを導入せずにアプリを内製出来る
多額の初期費用が発生する一般的システム調達と異なり
スモールスタートが可能なので、社内承認を取りやすい
スモールスタートで実績を作ることで拡張の稟議が通りやすい


kintone(サイボウズ)
s://kintone.cybozu.com/jp/
アプリケーションをノンプログラミングで作る為のツール
年額利用料 1万7640円/ユーザ


DataSpider Servista (APPRESSO)
s://www.appresso.com/servista/
異なるシステム、アプリケー
ションのデータをノンプログラミングで連携
させる為のツール
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windwos2012⇒2016 に伴うコア... | トップ | Microsoft PowerApps, Flow ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。