徒然日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
内容非保証

日本はやっぱりガラパゴス IT も変わらない でもガラパゴスだっていいじゃあないか

2017-07-13 12:37:17 | 日記
==============================
日本はやっぱりガラパゴス IT も変わらない でもガラパゴスだっていいじゃあないか
==============================

  ZDNet Japan 2017年06月19日
  セキュリティ対策の不都合な真実
  5年に一度しか来ないベンダーの正体
    http://japan.zdnet.com/article/35102509/
    

日本のIT業界もまたガラパゴスであるという話。

日本の顧客はSIerに頼る傾向があり、SIerも頼られることを誇りにして、品質の高いサービスを提供するというループ構造がある。
海外では顧客にDIY精神が強く、SIerのような「頼れる人」が事業として成立しない傾向があるという。

顧客の曖昧模糊とした要件をかみ砕き、ゴールを実現するソリューション(=解答)を企画立案し、具体化する仕事(=アーキテクト)は海外では単独の職業としては成立しえず、海外でアーキテクトと言えば、会社の情報システム部門で必要とされる人材ということになる。

しかし、ガラパゴスだから悪いということはないだろう。 独自性があっても別に悪いわけではない。 そもそも、こういった風習は国民性に立脚しているものだし、国民性というのはその国家の立地と歴史に大きな影響をうけて形成されるものだ。 国民性が異なれば、習慣が違うのは当然。 日本に類似した立地を持つ先進国が英国しかないことを考えれば、日本が世界で珍しい国民性を形成していても別に不思議はない。 それをわざわざ捨てて、他国の国民性に染まる必要などはない。
SIerでアーキテクト(提案型のSE)などという仕事をしていられるのも、日本のガラパゴス市場のおかげなのだから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素晴らしき可視化(監視)社会... | トップ | [今昔] テクノロジーの進歩で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。