徒然日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
内容非保証

香港GPD technology社製ゲームコントローラ付モバイルPC「GPD WIN」

2016-10-19 08:50:17 | 日記
==============================
香港GPD technology社製ゲームコントローラ付モバイルPC「GPD WIN」
==============================

重量わずか200gの Windows10 PC GOLE1 本当に市販した!
http://blog.goo.ne.jp/tonton_ponpon/e/1c0627cde453de4d7f15e4b0b685073d
と書いたけれど、同じ「ヴェルテ」でこんなものも売っていた!
こっちのほうが楽しそう!

ゲーム特化で他の用途にはまったく使えないかと思っていたが、スティックポインタはアルプスポイントなので普通のポケットパソコンとしても使える気がしてきた。
ちょっとお値段は高めだが、それでも昔のウルトラモバイルPCの常識からすれば超安値だ。

365g、駆動時間6〜8時間。。。
OSもまともだし、HDMI IF もあるのでビジネス用にも使える気もする。
会社がWindows OSなのに 外での勤務でわざわざ互換性がない Android OS, iOSを使う意味は少ない。


http://
welte.jp/ca3/37/p-r7-s/
より
GPD WIN
お値段 37,800円
仕様:
 OS      Windows10 HOME 64bit
 本体カラー  ブラック
 ディスプレイ 静電容量5.5インチHD(1280×720)解像度、H-IPS方式、
        マルチタッチパネル、267ppi、第三世代ゴリラグラス
 SoC インテル Atom X7-Z8750/8700/8550/8500
 GPU インテル HDグラフィックス
 メインメモリ 4GB(LPDDDR3)
 ストレージ  64GB(フラッシュメモリ、eMMC4.51接続)
 ネットワーク 無線LAN(IEEE 802.11a/ac/b/g/n)、Bluetooth 4.1
 拡張端子   HDMI-C×1、USB-C×1、USB-A×1、TFスロット(最大128GB)、
        3.5mmヘッドホン端子
 内蔵バッテリ リチウムポリマー充電池、6700m
Ah、駆動時間6〜8時間
 本体サイズ  155×96×23.5mm(幅×奥行×厚さ)
 重量     365g
 入力デバイス アルプス電気製ジョイスティック、A/B/X/Y(△/○/X/□)、
        ボリューム+/-、十字、QWERTYキーボード、L1/L2/R1/R2
 その他 マイク、スピーカー内蔵
 技適認証取得
 公式製品サイト http://www.gpd.hk/gpdwin.asp

WinTabのレビュー記事
http://win-tab.net/imported/gpd_win_review_1609163/
これをみる限りでは、それなりにしっかり作られているように見えます。

クラムシェル型という基本デザインはViliveS5やNintendo 3DSに似ており、キーボードの感じはWillcom
D4に似た感じ。キーボードのキー配列は変な要素はなく、自然な位置にキーが配置されています。特筆すべき点は右側のシフトキーがちゃんとフルサイズで設けられていること。文章入力を主体に考えるな
ら、これは秀逸な点といえます。5インチというサイズから、キーに親指が届かないという問題はたぶん起きないでしょう(現在この文章を書いているUMPC
Fujitsu Loox Uは若干その傾向がある)。
面白いところでは、筐体背面の左右頂部にマウスの左右ボタンとして使えるボタンが装備されていること。ちょうど、ゲームコントローラーのそれにそっくりな位置なので、これを使った左右クリックは
VAIO U のような左上のマウスボタンよりも使いやすいかもしれません。

サイズ的にはポケットにも入りそう。少なくともハンドバッグには入る。

なによりもすごいのはバッテリー駆動時間が6時間もあり、USB3
TypeCで充電できるため屋外での再充電も容易であり、実際に持ち歩いてもおもちゃに終わらない実力がありそうです。
バッテリ実駆動時間は自身で持っているUMPCの中でも最高ランクと言えそうです。
参考までに自分のお気に入りのちび輔たちのスタミナ力は。。。
 SONY VAIO U:2時

 SONY VAIO Type-P:1.5時間
 Willcom D4:3時間(Lサイズバッテリ)
 Vilive N5:4.5時間
 Fujitsu Loox U:4時間(Lサイズバッテリ)
いずれも、USB経由の再充電不可能

それにしても、日本のパソコンメーカーからはこういう独創的・尖った製品が最近殆ど出ませんね。かつてのVAIO U や VAIO Type P
W-Zero3 Willcom D4 などとても特色あるパソコンがありましたが。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネットワーク分離で1台のプ... | トップ | オンラインストレージを自営... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。