tonton日記

“高山工房”奮闘の巻

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白鷺舞い降りる「右近の郷」

2014年04月23日 | Weblog

高山地区全体が右近の郷で湧いています。

高山右近生誕地として、没後400年の行事を機に町全体でムードを盛り上げています。

それを祝うかのように白鷺が水の入った田に舞い降りてきました。

向こうに見えるのが高山コミュニティセンター「右近の郷」、我々が木工作業をしている所です。

ある意味、この建物が「右近の郷」と名付けられたことで、高山全体を右近の郷と呼べないジレンマと闘っているような気がします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

棚田の春です

2014年04月18日 | Weblog

ボランティアの人々の頑張りで棚田が見違えるほど美しくなってきました。

北から見た景色です。南の山すその雑木が整備されてすっきりしています。前を知る方ならその違いに驚かれると思いますが。こぶしの花が盛りになった写真、昨年も撮りましたが、背景が違うと、こんなにきれいに見えるものなのですね。

新しい会員になった方が、ここの風に吹かれてのんびり作業するだけでも、来る価値があると言ってくださいました。同感です。

家を離れてわざわざ遠くまで来るには、ここの風の魅力にほかなりません。

皆さんもどうぞ、この心地よさを味わってくださいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セレモニー用の鍵を作成

2014年04月14日 | Weblog

右近の郷がツバキの指定管理になるのを記念して、行われる贈呈式で渡す鍵を依頼されて製作。

紅白のリボンは当事者が用意してきたので、今日やっと完成。これで式典がぐっと華やかになること間違いなし。

 

今日は真菜まつりに来られて友人が新しく会員になってくれた。

木に寄り添った生き方を模索するという。

空しい気分の後だったけど、力強い味方が出来たこの喜びで帳消しにしよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名札24本仕上がりました

2014年04月09日 | Weblog

①板にペンキで番号を書き

②山から木を切り出し、

③先をとがらせたり焼いたり

④名札を乗せるためにカット

⑤ネジで留める

裏はペンキではなく、彫刻刀で彫りました。

この工程を1カ月かけて少しずつ進め、今日やっと完成!!

成し遂げた充実感。畑に立てたらまた写真をアップします。きっと壮観でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々に山での作業です

2014年04月02日 | Weblog

最近間伐されたばかりで、直径20センチもある生木は60kgもあり、女一人では持ち上げられない。Tさんと二人でローラー作戦で1mを移動させたが、1回でギブアップ。

次は回転作戦、持ち上げて1回転、こうすれば木の長さ2m分は進む。坂へ来たら平行にして転がす。これで2本を動かすが、シニアには重労働。ここで打ち切り。まだ下の道まで出さねばならない。動かしているときに皮がむけている部分が赤色で血を出しているよう。大事に使ってやらないと木の精が泣きそうな気がする。

「大切に使わせてもらうからね。ここで朽ち果てるより、もっと人の役に立つように、私たちがしてあげる。」

そんな言葉を心の中でかけながら作業をしている。これを製材所に出して板に。そこから何にう生まれ変わるか。

まだまだ道は端緒に就いたばかり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真菜まつり

2014年04月02日 | Weblog

例年のことですが、天気や準備のことなどいろいろと不安でしたが、何とか終了。自治会の人々の参加も徐々に増えているような気がします。お祭りが楽しそうに見えてくると、それだけで相乗効果があるものです。ところが当日はあいにくの雨(@_@)「誰や雨男は!」

しかし、朝から降っていた雨で出足は鈍かったのもの、お昼前の運動場は車が満杯。この天候の割には入場者はそこそこあったような気がします。

2階への案内板が功を奏したのか、終日対応に終始。3人が交替で会場を見周りに行く余裕もあり、まずまずの満足感。工房の売れ行きは些少なれどにぎわい創出には貢献しました。

わが工房としては埋もれていた知恵の輪の人気が再沸騰。在庫がなくなり、うれしい悲鳴です。

予定していた箸の体験はゼロでしたが、熊手は友人がのぞきに来てくれて1本お買い上げ!これで午後は時間を使い切りました。入会の意思もあり収穫大でした(*^_^*)

ぼちぼちやっていけば道は開けていくでしょう。ポレポレを合言葉に頑張ります!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加