tonton日記

“高山工房”奮闘の巻

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そうめん流しに向けて

2013年07月24日 | Weblog

週末の行事のために器と箸を作ってみました。

余興に竹細工をするということなので、我々にできることを探ります。協力してくれるのはウラさんとツッチー。ちょうど良いタイミングで不要の竹を用意してくれたのはウラさん。竹を割る道具は自前で持っていますので、サイズを揃えて節を取るところまでしておけば、あとは楽勝かと。

箸が数十組用意できたので、次はこっぽりです。太い竹を使って穴をあけるだけなのですが、ドリルが強くても竹が割れて、何度かやり直し。まず小さい穴をあけてから、太いドリルに付け替えて、わらが通るほどの穴にしました。出来てみればこの苦労は見えないのです。汗をかいてやっと一組だけ出来ました。

後は作りたい人が出てきたときに考えましょう。

「こんなのがあったら喜ばれるだろうな」と思うから作るだけ。手作りの温かさを感じてくれる人に出会えたら幸せです。

教室にあった材料で今日は一日遊びました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

跳び箱完成!

2013年07月08日 | Weblog

ウラさんの作った跳び箱、約1ヶ月で完成しました。ちゃんと踏み切り盤まであるのはさすが!

次は教室で散乱した端材を入れる箱を作ります(#^.^#)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大きな七夕飾りができました(*^_^*)

2013年07月02日 | Weblog

昨日は右近の郷のイベント日。お手伝いに参加して、笹飾りを呼びかけ七夕気分を盛り上げます。約束通り笹を切って来てくれた藤井さんに感謝。会場にいる人に声をかけて、強制的に願い事を書いてもらい、なかには「願い事なんかないわあ」と逃げる人もいたけど(^^ゞ、子供達はとても喜んで、飾りまで作ってくれました。

おかげでこんなに立派な飾りができました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木枠が完成!だけど車に乗らなかった(-_-;)

2013年07月01日 | Weblog

これ、何に使うものだと思います?

裂き織り用の木枠です。かせを作るために糸を交差することが目的で、10センチ間隔で棒があるので、糸の長さも計れます。

足のところは皆の意見を参考に、折りたためるようにしました。最初はボルトで留める予定でしたが、抜き差し用の木の棒をはめてみました。蝶番で上に折りたたみます。

今日から使える!と喜んだのもつかの間、車に乗らないことが判明。結局、知り合いに頼んで軽トラで運んでもらうことになりました。左右の棒を金具で留めてしまったので、これは誤算でした。

材料費は4センチ角の木はもらったので、細い丸棒と蝶番で400円のみ。満足の巻~(*^_^*)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加