tonton日記

“高山工房”奮闘の巻

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

我々の作ったそばを食す

2011年12月30日 | Weblog

28日、高山の棚田で作った蕎麦で手打ちそばを供するイベントがあった。

1・4会として行事の応援に駆り出され、指導者の蕎麦屋さんを朝早くからお連れする役目と

準備から水仕事、後片付けまで動き回り、解放されたのは午後3時。

参加者たちには一人200グラムものそばが提供されたのに、別に炊き込みご飯のおにぎりを2個ずつと漬物まで無料でつけて、講師料と部屋代と材料費で帳消し。

「皆さんに高山のそばを知ってもらえたら・・・・・」

「美味しいと言ってもらえたら」という主催者の思いは十分伝わった。

そばは本当においしかった。

自分たちの育てたそばだと思うと、とにかく格別の味だ(*^^)v

多くの人に味わってもらいたいと思う。

今後はもっと作付面積を増やさないと・・・・・・。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自作の門松!!

2011年12月26日 | Weblog
山が近くにあり、何でも手に入る地域ならではの良さ。
正月を控えて門松を作ろうと思い立ち、仲間の協力で完成しました。
 
作り方はいたって簡単。
しかし、材料集めは知人がしてくれたから、私は次の作業だけ。
それでも2時間かかりました。
●1斗缶の周りに竹を同寸に切って6分割したものを針金で一列に並べ、周囲を囲みます。
●この中に端を斜めに切り落とした3本の竹を入れて組み、しっかり紐で結びます。
  竹は斜めに切り落とし、カンナで削るのもセンスのいるところ。慣れないときれいな面を出せません。
●3本の竹を缶の底に置き、位置を決めて土を入れ、しっかり立ったところで松と梅と笹、ナンテンを入れます。
 
これで門松の出来あがり(*^^)v
車で運ぶことを考えて竹を1m90cm80cmにしたので、少し小ぶりに見えます。
下の土台とのバランスではもう少し大きくても良かったかとも思いますが、今年はこれで十分満足。
 
真砂土は土建業の知り合いに分けてもらいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加