tonton日記

“高山工房”奮闘の巻

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

炭焼き

2010年02月08日 | Weblog
窯で炭焼きにチャレンジ。

一庫公園内にある炭焼き窯での体験。
森で伐採した木を80センチに切りそろえ、雪の降った朝早く、
枯れ枝を集め、トラック一杯の柴を準備して、窯の中に並べていきます。
畳2畳ほどの広さの空間に木をびっしり並べ、上部には柴を乗せて前面はトタンで押さえ、火をつけます。
煙で蒸し焼き状態にして数時間。
高温を保ち、数日後に取り出します。

炭はその穴の多さで水や空気中の汚れを吸着してくれるので、燃料としてだけでなく、優れもの。
先人の知恵を知ることは、大変興味深いものがあります。
副産物の木酢液がドラム缶に貯められているのも初めての光景。
これは殺菌力に優れていて、畑の殺虫剤や、水虫にも効くそうです。
こうした活動をもっと多くの人に広めて、木材の活用、ひいては森林の整備につながることを願っています。

炭の取出しの様子は第2弾でお知らせします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の小さなエコ活動

2010年02月06日 | Weblog
不要の新聞紙でゴミ箱を作ると便利ですよ。
今までは小さな折り紙で机の上に置くものだったのですが、最近は新聞紙2枚を使い部屋のゴミ箱に入れられる大きさの物を作って利用しています。
捨てる量も減らせるし、水分は吸ってくれるし、今まで使っていたビニール袋も不要になりました。
エコバッグで買い物に行くようになってからは、スーパーの袋も少なくなり、これが大活躍しています。
空き時間にちゃちゃっと作って貯めておけば、必要なときにすぐ取り出せますし。

そのほか、落ち葉は出来るだけ腐葉土に還元していますし、新たなチャレンジは不要の布を使いわらじ作り。
布を裂く感触はなかなか爽快です。
しかも、これは普段の拭き掃除にもなるので、一石二鳥。
皆様もやってみませんか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加