goo

コブシの花の咲く頃に



          井の頭・・桜を待つ間に咲きだしたコブシの花




          真っ白なこの花は武蔵野市の花




          池の周りのところどころ白い雲のよう




          住んでいた団地二階の窓から大きなコブシが見え




          あの頃は窓の下の八重桜が散ってから咲き始め




          ちょうど五月の子供の日の頃だった




          真っ青な空に白いコブシが映え爽やかな春の日・・




          いつの間にか春の初めの花に変わって・・

          種類でも違っていたのか・・





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

自然のままに



          バシャバシャとオスのところに辿り着いたたメス




          ちょっと見には地味な子・・だと思っていたけど・・




          ここでも落ち着かず羽を広げたり・・羽繕い




          隠れていた羽が現れて・・美しい




          得意技は水浴びだけではない・・らしい




          ブルーや緑の羽のお手入れも!!お得意




          オスのハシビロガモだけではなく私も一緒に見とれる




          自然のままのカップルは美しい・・自然のままの!







コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

泳いで行った先には・・



          メスのハシビロガモのが行きついた先に・・




          待っていたのはオスのハシビロガモ




          こちらはのんびりと毛繕い




          羽を広げて一枚一枚嘴で




          彩の綺麗なことと見とれる




          隣には辿りついたメスのがハシビロガモが




          ちょっぴり地味目な姿で・・一言二言(?)




          ・・っと思ったら池の真ん中へと泳ぎだした




          後を追うようにメスも泳ぎだして・・








コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

ジャブジャブと水遊び(?)



          池の中でバシャバシャと音がする




          振り返ると豪快に水遊び(?)




          水しぶきが美しい




          寒そうにと思うより気持がよさそうと思うことに




          暖かになったものだと感じる




          何度か繰り返し静かに泳ぎ始めると




          ここでは珍しいハシビロガモだとわかる




          行く先を見ると・・・相方の姿が





コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

白い花桃の前で



          気持ちよく晴れたある日




          白い花桃の花に出会った




          大きな花桃の木は雪被ったように真っ白




          通りすがりの人もカメラを向け




          ため息交じりに綺麗と褒め言葉が漏れる




          時折聞こえるツーピンという鳴き声に




          ここにシジュウカラが来ないかと




          美しいものの前ではさらに欲張りになる




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

深呼吸・・



          駐車場南の広く開けた野の横の道沿い




          赤・黄色・ピンクと花が今を盛りと咲いている




          ちょっと遠回り・・




          何もない道・・人の通りもない




          自然に深呼吸・・ふぁ~~




          花も自然に身を任せ・・のんびりと・・




          さくらなのか・・あまり見かけない花に




          こちらの気持も大らかに・・なんでもいいか・・・




          あどけない花の笑顔がいい






コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

アセビの耳飾り・・なんて・・



          透き通るようなアセビの花




          日差しのない日はその花が曇りガラスのよう




          日差しの強い日にはカラス玉の輝きが




          本物・・ニセモノにかかわらず好まないキラキラ




          とりあえず手元にあった指輪なんぞは娘と嫁へ




          キラキラ皆無の身の回り




          久しぶりの自然のキラキラが妙に新鮮で




          こんな耳飾りなど・・なんて柄にもなく考えた





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

光りの数だけの色で



          これほど欲張りに光を浴びる花はないような




          光りの数だけ色を増して




          花の輝きが眩しいほどに




          数えれば疲れ果てそうで




          光と自然のコラボを眺めるばかり




          興ざめしそうなクリスマスローズという名だけど




          どんな季節でも限りなく艶やかに似合う








コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

恥ずかしがり屋のキミに



          ドラミングもしないしさぁ~地味な色だけどさぁ~




          ボクのことも忘れないでよね・・




          と言っているような目のシロハラくん




          静かで謙虚で大人しく見えるシロハラくん




          久しぶりにお目にかかれて大喜びだよ




          恥ずかしがり屋のキミは気づくと




          あっという間に消えていったけど




          また会える日を楽しみにしているからね




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

かくれんぼの気持ちが!



          ドドドドド・・ドラミングの音が響く




          かつて子供だったころ日課(?)だったかくれんぼ




          その頃の習性ムクムクと広がっていく




          こうなるとすっかり鬼の気持ち!




          かくれんぼの相手を探さずにはいられない




          敵は高い木の上こちらの分が悪い




          そこが遊びの面白さ♪




          時間を気にせず見つけるまではとなる




          見つけた時は・・あの頃の面白さを体いっぱい抱きしめて





コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ