goo

紫木蓮の花も



          子供の頃木蓮と言えばこの紫木蓮だった気がする




          日本画の絵のような枝ぶりに咲く紫の花




          木蓮と言えば何十年もの間この花だった




          がふと気付くと木蓮の花は




          白であっても紫であっても枝いっぱい花をつけ




          青空に映える姿は時代に合わせて洋風にも見え




          花の美しさの幅の広さを思う






         ※こちらコブシの花・・花の根元に緑の小さな葉が








         時間がなかったので簡単な詩集です。
         布のプリントの中から柄を選んで同じものを刺しゅう。






コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 春の風に包まれて ようやくの花... »
 
コメント
 
 
 
花の名前 (としちゃん)
2017-04-06 08:09:03
私も、モクレンと言えば、この紫のお花でしたね。
子どもの頃は、白いモクレンは身近には咲いていなかったのかしら?
少し大きくなってからは、白いのは「白モクレン」と呼んでいましたね。
いまだにモクレンとこぶしとむくげの違いがよく分かりません。(笑)
 
 
 
としちゃんへ (トントン)
2017-04-07 00:10:05
やはり!紫しか見たことがなかったような・・・

ハクモクレンとコブシの違いが分からなくて
だいぶ前のことこのブログで論争がおこった(笑)
それで、わかったのが、コブシは花の根元に一枚の小さな緑の葉があるということ。
最後に媚び氏の花を載せてみましたので、小さなは見て。
ムクゲは夏の花で、これはかなり違うのでわかりやすい
https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%82%B2&search.x=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=0&oq=%E3%82%80%E3%81%8F%E3%81%92&at=s&ai=siNzWzHmR0WtzNbK5ZN0IA&ts=16786&fr=top_ga1_sa

こちらに載っています。
 
 
 
トントンさんへ (マーピー)
2017-04-09 13:46:31
久しぶりにブログみました。先日はメールありがとうございました。私の好きな桜の季節がやっときました。モクレンは刺繍したのを思いだします。お孫さんの袋は刺繍したのですか?見たいです。
 
 
 
マーピーさんへ (トントン)
2017-04-09 23:35:53
お忙しそうでしたね。
木蓮の刺繍思い出しますよね。
今は大変です・・体操袋やランチョンマット・・すべてを入れる大きな袋にだけ簡単な刺しゅうをしました。
時間がなくて、この袋以外は写真に撮れなくて。
上履き袋とかはみんな幼稚園の時のを使っているようで、堅実な感じがしました。
この欄の下に載せてみますね。
 
 
 
トントンさんへ (マーピー)
2017-04-10 16:05:37
早速載せてくれてありがとうございます。可愛い素敵なバッグですね。さすがにトントンさんだなと感心しました。お孫さんへの愛情たっぷりのバッグですね。私は将来二人分、目が術後以来良くないので作れるか自信ないです。素敵なバッグ見れて良かったです。
 
 
 
マーピーさんへ (トントン)
2017-04-10 22:52:08
ありがとう。
後思うひとつ作らねばならないのですがミシンが壊れ,購入後になりました。
手持ちので間に合わせてもらっています。
孫の絵でも刺しゅうしようとしたのですが、
だれが描いた絵なのと聞かれると恥ずかしいのでいやだというので,
簡単な刺しゅうがいいそうです(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。