goo

一服の涼を



          ギボウシ・・夏の花だったのか・・




          子供の頃我が家の庭にも咲いていた




          地味な花で咲いていても存在感のない花だった




          ただ花が終わりを迎えると葉が半球にこんもりと茂る




          その立派さが好きだった・・その頃にようやく存在感が




          今でも地味さは変わらないけど




          夏の暑さの中で見る花は風景に溶け込み




          その爽やかさは一服の涼をくれる





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 立ち葵の花を思う 黄色マジック »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。