goo

今も変わらぬ道



            井の頭をあるき続けて60数年




            変らぬ風景はホッとするものがあるけれど




            それでも少しづつの変化に
            その時々にはがっかりすることもあった




            真ん中の七井橋に立ち西の風景に
            大きなマンションが入り込んできたときは衝撃だった




            幼い日の風景を抱きながら歩く者にとっては寂しさがあり




            今でも写す写真の中にこの建物を拒否している




            昔の写真の中の木々を
            現在の写真の中に発見した時の喜びは大きい




            小さな昔の名残花を見つけた時




            変らぬ道をあるき続けることへの不思議さを感じている





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 安らぐ木々の... 言葉とはなん... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。