トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

ガソリン車と比べて電気自動車は安く作れるから、将来はみんな電気自動車になる。

2017年07月27日 11時04分18秒 | 日記

7月27日(木) 曇り

表題はトンサンの予測だが、たいていいつも当たっている。

こんなニュースがあった。

フランスに続いてイギリスも2040年までにディーゼル車とガソリン車の販売禁止 加速する電気自動車化

これは自然の成り行き。
ディーゼル車とガソリン車を販売禁止にしなくても、コストの面から自然とそうなる。

今はバッテリーの値段が高いので、電気自動車は高いと思われているが、実は構造が簡単でエンジンを使った車よりはるかに安くできる。

これまでもバッテリーは、新しい仕組みの物が開発されてきた。
性能の良い安いコストのバッテリーの開発は、さらに加速されるだろう。

参考文献

電気自動車の仕組み

ゴールドマン・サックスCARS 2025

国立環境研究所 電気自動車は環境にやさしいの?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また休みに行ってしまった。 | トップ | 【ピアノ】 なかなか弾ける... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
石油時代の終わり (さすらいのクラ吹き)
2017-08-16 19:57:54
メルマガ登録している記事で電気自動車に関連した面白いのがありましたので、興味がありましたらご覧ください。

http://www.mag2.com/p/news/260447

歴史の大転換になるかもしれない点やEVが主流になることで石油の値段は下落。これまでの常識が変るなど面白い内容が書かれています。
電池交換車 (トンサン)
2017-08-16 20:55:29
なるほど。永いスパンで考えていますね。

「戦争による自国優位地域を広げることが経済を助けることにならず・・・」

そうなると、武器を売って儲けようとするトランプ・北朝鮮・安倍晋三のもくろみは、そろそろ終わりを告げようとしている時代なのかも。
とにかく、人間を傷つけあう戦争は早く無くなって欲しい。

このトンサンの別荘の記事には書いていませんが、将来の電気自動車は、おもちゃの車と同じように乾電池で走るのではないかと・・・

今のように充電池を車に積んだままにするのではなく、電池が無くなったら車が自分で電池スタンドに行き、電池交換をする。
つまり充電待ちの時間が無くなります。
必ずこうなるだろうと思っています。

コメントを投稿