トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

国民投票は憲法を守るとりでにはならない。

2017年07月13日 09時39分24秒 | 日記

7月13日(木) 曇り一時晴れ

憲法を改正するには「国民投票」があるから簡単には変更できない・・・と思っているのは間違い。
国民投票は「投票した人の半分以上が賛成ならば承認された」ことになる。
つまりみんなが関心を持たず、投票に行かなければ、憲法改正に賛成するものだけの票で賛成に承認されてしまうのだ。
だから、みんなに関心を持たせなければいい。
「面倒だから選挙に行かない」と思わせればいい。
それが安倍政権の狙(ねら)いだ。


 




・ほんとうは怖~い「国民投票法」

・総務省 国民投票法制度のポイント


「国民投票法」の事を知れば、決して安穏(あんのん)とはしていられない。
今の安倍政権は、日本を破壊する恐ろしい政権なのだ。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本会議(にっぽんかいぎ)... | トップ | おかあの運転でま~ちゃの家... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。