トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

2台目の電池パック充電器を買ったのだが・・・

2016年10月14日 00時40分15秒 | ポタ&買物

10月13日(木) 曇り

スマホの電池パックの充電器が壊れてしまった。
今年5月に購入した1750円のものだ。

スマホの電池パック充電器が来た。


 

スマホの充電器とバッテリーの動作が変だ?

直せそうもないので、別の充電器を購入した。



送料込みたった390円と云う怪しげな値段。
本当に使えるのかと心配だが・・・




当たり外れはあるようだが、★4つ5つが多い。


手続き完了メールが来た。



10月16日に届く予定だ。


なのに今日(13日)、もう届いた。


前のもの(黒)とほとんど形状は同じ。電池パックの接点に合わせて、端子の移動ができることが違いだ。(白)



裏側の構造もほぼ同じ、だがACプラグのところが違っている。
別の会社で生産しているとみた方がいいのだろうか。



USB端子の位置も同じ、写真では見えないが、ケースの合わせ目の形状も同じだ。



だが、スペックは若干違って、今回購入したもの(白)が劣っている。
OUTPUT        黒 DC4.2V550mA     白 DC4.2V350mA+-50mA
USBOUTPUT 黒 DC5V1000mA      白 DC5.2V800mA

      

白のスペックをネットで見てみると、本体のラベルと違っている。



え、違うものが届いたのか?

パッケージを見てみる。


パッケージには品番がSS-06Aと入っているが、本体には品番は入っていない。



ありゃ、パッケージと本体とも表示は違っているよ。

いったいどれが正しいのか?
本体か、パッケージか、ネットか?

OUTPUT    
本体    4.2V350mA+-50mA
パッケージ    4.2V500mA+-50mA
ネット          4.2V300mAh


USBOUTPUT
本体    5.2V800mA
パッケージ    5V800mA+-50mA
ネット          5.2V500mAh


まー、このいい加減さが中国製品だからな。




3時間充電して、電池パックをスマホに入れてみたところ、まったく表示されなかったもの(電源入らず)が、21%充電されていた。
ただこれは「充電完了」はどうやって知らせてくれるのだろう?
黒の充電器は、充電開始時はピンク⇒完了時は青とLEDの色が変わった。
この充電器は充電開始時から青だ。
レビューを見るとピンク⇒青との書き込みが多い。
しかし、注文したものとどいたものが違う。何が届くかお楽しみなんていうレビューもあった。
うーん、ますます良くわからない怪しげな充電器だ。
とりあえず一晩充電してみることにしよう。


10月14日追記
青ランプで充電スタートしたが、たたいたりするとピンクランプになるときがある。


無理やりピンクランプにして、一晩そのまま。
今朝見てみると青ランプに変わっていた。
スマホに装着して充電状態をチェックすると98%。やった!

やはりピンクランプで充電を始めると良いらしい。
しかし、なかなかピンクランプにはならない。接触の問題か?
たたいたりするとピンクになるときがあるので、しばらくはこの方法で充電してみよう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 往復トンサンの運転で、ま~... | トップ | 【ピアノ】 テーピングして... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。