トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

ダワさんと一緒だったからできた、戦車メリダでの山中湖往復。(3/3)

2014年07月29日 18時08分28秒 | ポタ&買物

ダワさんと一緒だったからできた、戦車メリダでの山中湖往復。(2/3)の続き


道の駅「すばしり」で2度目の昼食を取り、休憩していると3時半。
『もう帰ろうか・・・ダワさんにメリダに乗ってもらったり、励ましてもらったからここまで来れた。もう充分じゃないか。』
『いや、もう2度と来ることはないだろう・・・今ならダワさんがいる。今 山中湖へ行かなかったら、もう2度と自転車で山中湖へ行くチャンスはないだろう。』

頭の中をいろんな考えが飛び交う。




さて向かうのは「山中湖」か、来た道か?




 
ダワさんの自転車(スペシャライズド)に交換してもらったまま、国道138の歩道を上る。
おや、あの外国人女性は 荷物満載の自転車で車道を上っている。すごいな。
見ていると、目と首を振ってあいさつしていきながら、休憩しているトンサン達の前を通り越して行った。
ダワさんが「さっき見たローディの人、そうとう疲れているのか上ってこないな。」
と、言っていたら歩道をのろのろと上がってきた。
トンサン達も頑張ろう。


「籠坂峠(かごさかとうげ)」を上る。
もっときついかと思ったが、これまでの道と比べて同じ程度。淡々と上る。



それでもやはり疲れる。広い場所があれば、すぐに休憩。 (*^ω^*)ポリポリ




「籠坂峠を上っているぞ」という記念撮影。




メリダのサイコンを見ると16:23。4時半に近い。いつになったら峠を越せるのか。




「山梨県 山中湖村」の看板だ。峠はすぐそこだ。
だが、ちょっと休憩。



ヘアピンカーブが見えた。




山中湖の看板も出てきた。




ついにやったぞ。「籠坂峠」だ。後は山中湖まで下るだけ。 (写真提供 ダワさん)
長い、長い、長い登りだった。自転車でよくここまで来たと思う。
残念ながらメリダで登ってきたのはダワさんだったが。
この先メリダを返してもらい、山中湖まで下る。




道路壁(どうろへき)にいっぱい取り付けられたソーラーパネル。
これはなんだろう?



冬に太陽光で電気を起こし、道路を温めて凍結を防ぐ設備のようだ。




山中湖へ下る道。自衛隊のトラックが追い越して行った。
メリダは時速28.6キロを表示している。



山中湖到着。17:00 
 



トンサン家からの走行距離は73.14kmだ。 


少し休憩し、5時18分には出発。
湖を回る時間はない。なるべく明るいうちに道志みちを先まで行きたい。




山中湖を時計の逆回りで。 (写真提供 ダワさん)




  (写真提供 ダワさん)












夕方の湖畔の道は散歩している人たちや、若者グループでいっぱい。
夏の合宿という雰囲気だった。
みんなここで泊って行くんだろうな。



道志みち(国道413) を急ぐ。霧が出てきた。  (写真提供 ダワさん)



 
霧が濃くなってきたぞ。大丈夫か。   (写真提供 ダワさん)
ダワさん「どこかで泊りますか?」
トンサン「いやいや、帰るよ。」
山伏(やまぶし)トンネルまで上りだ。自転車を交換してもらう。


トンネルをくぐると下る一方。スピードが出る。


おっといけない。サイコンを見ると42km/hだ。     (写真提供 ダワさん)
この道の制限は40km/h。トンサン自体もメリダで40km/h以上は出さないことを心がけている。



先を急ぐので道の駅「どうし」には寄らない。18:34    (写真提供 ダワさん)




「道志村役場に冷たい湧(わ)き水があるよ。」とダワさんが教えてくれた。 (写真提供 ダワさん)




「獅子頭共用栓」のいわれが書いてある。   (写真提供 ダワさん)



それにしても車やバイクのスピードはすごい。信号もなく、人も歩いていない道なので、飛ばす! 飛ばす!
たまにクラクションを鳴らしてくる車がいる。ダワさんは我々への励ましだという。
なるほど。ほかに自転車で走っている者などいない。頑張れということなのだろう。
この先道志みちは真っ暗になってしまい、くるたまのパパさんが言っていた走りたくない真っ暗な道志みちになった。
ダワさんも「夜の道志みちは自転車で走るもんじゃない。避けたかった。」と言っていた。

メリダとスペシャのライトが照らす可弱い光じゃスピードも出せない。
時々追い越して行く車のライトが道を明るく照らし出す瞬間は、怖いながらもありがたいなと思う。
車は怖いが、道がはっきり見える安心感の「怖さと安心がブレンドされた」不思議な感覚。
明りが全くない夜道を走ったトンサンは、いかにライトの強い光が欲しいか分かった。
まあ、前からジェントス閃305の明るさ(100ルーメン)では、せいぜい時速20キロしか出せないなとは思っていたが、そんなシチュエーションなど今まではなかった。
ブルペをやる人が、ライトを重要視する理由がよくわかる。


道志みちは下る一方ではなく、上りもあった。
そのたびにダワさんが自転車を交換してくれた。
また広い場所があると休憩した。
また無理して乗らずに押して行こうと、押し歩きもした。


ようやく宮ヶ瀬まで戻ってきた。
鳥屋(とや)のサンクスで夕食をかねて休憩。


無事に道志みちを通過できた。乾杯!! (^ω^)/□☆□\(^ω^)    21:43


この後も上りが無くなる宮ヶ瀬湖を抜けるまでは、自転車を交換してもらった。
飯山を通り、小鮎川土手道を下る。
林中学近くで最後の休憩。11時半ごろ。
トンサンは今日中に家につくが、ダワさんは申し訳ないが午前様だねと話す。


トンサンは23:50 無事に帰宅できた。
 


持って行って良かったもの。


「救援飴(きゅうえんあめ)」とヘルメット。

救援飴は梅塩味で長い時間溶けずに、梅の味と塩分を補給してくれた。夏のサイクリングにお勧め。
販売者はクリート株式会社。どこで買ったか、値段も忘れた。

ヘルメット・・・今回はかぶって行って良かったぁ。
ケガもなく、無事に帰ってこれたトンサンだが、実ははでな転倒をした。
道志みちの下りS字カーブ、まだ明るい時間帯だった。
時速は30kmくらいだったと思う。
S字の下のカーブ(左カーブ)をクリヤし、上のカーブ(右カーブ)に入ろうとした時、上体(じょうたい)を寝かせられなくて外側に膨(ふく)らみ、道からはじき出されてしまった。



不思議とケガはしなかった。わずかに右ひじをこすっただけだ。(2日後の様子)

頭は道路壁に当たったが、ヘルメットをかぶっていたので何ともなかった。


わずかにこすった跡。それでも帽子をかぶっているだけだったら、たんこぶくらいは作っていたろう。
ヘルメット様様だ。


今までに自転車をコントロールできなかったことは、ほとんどない。
今回は2度目のカーブが思ったより急で、スピードをもっと落とす必要があったこと。(読みが甘かった)
上体の体重移動が遅かったこと。(経験不足か歳なのか)
ブレーキのききが弱くなっていた?(長い下り坂でブレーキがすり減ったか?)

幸いだったのは右カーブだったこと。
対向車が来ないところに転がって良かった。
また道路壁まで1.5mくらいあり、草で覆(おお)われていたこと。 

いろんな好条件が重なってケガをすることもなかった。 
メリダも無傷。サドルが横へ向いてしまっただけだった。


今回の山中湖往復では、すべてのことに恵まれていた。
ことにダワさんが一緒でなかったら、目的は達成できなかった。
ダワさん本当にありがとう。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダワさんと一緒だったからで... | トップ | えーっ、なんで今ごろ。 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長旅、お疲れ様でした (さすらいのクラ吹き)
2014-07-29 21:39:43
ついに完走されたんですね。おめでとうございます。

僕なんかトンサンさんのメリダ号より3倍も自転車は軽く、年齢もかなり若く体力もいっぱいあるのに今まで一番長く走った距離は70km…と頭があがりませんね… 僕も今年中にちょっと遠出してみようかなぁと思いました。

それにしてもやはり遠出(ツーリング)は一人でやるよりも2人以上の方がいろいろと良さそうですね。精神的にもサポートの面でも。

あとライトの件ですが、以前買ったジェントスの100ルーメンのフラッシュライトから買い替えて、キャットアイの電池式では最強となるHL-EL540の2連装にしています。街中だとジェントスで充分なんですが、街灯一つもない河川敷や郊外となるとより強力なライトでないと心細いためです。特にある程度のスピード(時速25km程度)で走ろうとすると、前照灯として遠くを照らすと充分な明るさが足りないため、2連装としてます。ハイ・ロー、点滅の切り替えがあるので街中はロー、郊外ではハイといった使い方もできます。ただ、値段は高めですけどね...
ライト (トンサン)
2014-07-30 04:10:07
さすらいのクラ吹きさん おはようございます。
やっと行ってきました。
だいぶ以前から考えていたのが、ダワさんのおかげで実現できました。
やっぱり戦車メリダでの長い登りでは、体力がありませんでしたね。

完全に真っ暗な道を走るなら、もっと強力なライトが必要ですね。
普段は昼間走るし、夜でも街中しか走っていないので、光量不足は感じていませんでした。
また土手道などの照明の無いところでも、20km/hくらいでは走れるので、まあいいかなと思っていました。
でも道志みちのような長い下り坂では、20km/hで走るのは遅すぎて、ずっとブレーキをかけっぱなしでした。
ライトが明るければもっと速く走れるのに、もったいない。
ということで、ロングライドを考えるならそれなりのライトが必要ですね。

また今回ライトの消し忘れで、充電池の電池が無くなってしまいました。
でもメリダは充電しながらライトが点けられるので、下り坂では充電による負荷もなく、フローティング充電の良さが実証できました。
さらに、ウインカーやテールライトなど走行中はONになっている装備の充電池も、夜になってソーラーパネルが発電しなくなっても、家に着くまで(6時間半)充電池が無くなることはないことが、確認できました。
今の装備では十分な発電設備ですが、ライトを明るくした場合、予備電池の持参を考えないといけませんね。
メリダの電源は、ハブダイナモとソーラーパネルによる発電でまかなっていますが、ライトを明るくした場合はどうなるか。
今後の検討課題です。

今回のロングライドは、色々なことを勉強しました。
お疲れ様でした (星峰)
2014-07-30 11:59:46
長い完走記完読しました~
私も少しは同じような道を経験しただけに、坂の大変さ
がよ~く理解出来ます。山中湖の看板が目に入った時
の感動はそれはそれはですよね・・

しかし、バイクでの坂上りは、ラン以上にきついよ~~
スタート時と後でのトンサンのやつれ方が、写真から感じますね・・(^^ゞ

あ”怪我の方もたいした事なくて良かった~
私は目の手術をして以来、暗さが半端なく怖いので、
夜道を走るのは神経使ってしまいます。
ママチャリのライトをLEDに替えてもらいましたが、暗く
なると思われる時はさらにライト持って走るようにしてるんですよ~

しかし、目標が達成出来て良かったですね。
ありがとうございます。 (トンサン)
2014-07-30 14:37:33
星峰さん 完読 ありがとうございました。
今回は記事にも力が入ったので、長くなりました。
 (*^ω^*)ポリポリ

>バイクでの坂上りは、ラン以上にきついよ~~

これは多分エネルギーの法則からいって、自転車の重さの分だけ上に押し上げるエネルギーが必要になるからですね。
ロードバイク10kg、ママチャリ20kg、戦車メリダ30kgが身一つ分より重くなりますね。

>スタート時と後でのトンサンのやつれ方が、写真から感じますね・・(^^ゞ

えーっほんとう! (≧ω≦;)A アセアセ・・・
なんと! (くるたまのパパ)
2014-07-30 22:24:47
ついに行かれたのですね!!
忙しかったので久々に覗いてみたらビックリしました。
勿体なくてまだ読んでいません。
後でお酒を飲みながらじっくり拝読させて頂きたいと思います。

きっと色々あったんだろうなぁ~ととても楽しみです。(^^)

「大冒険」読み終わったらまたコメントさせてくださいね。

うわぁ!本当に楽しみだなぁ~ (^^)(^^)
ダワでございます (dawa3)
2014-07-31 00:13:55
いろいろありましたけど、やっぱ大安の日にして
正解だったのかもしれませんね。
トンサンも結構頑張るお方なんだと知りました。
もうちょい涼しい時節で、軽~い自転車なら
かなり時間は短縮できるはず。
また来年。富士山ばっちり見える日に。
真っ暗な道志みち (トンサン)
2014-07-31 12:47:56
くるたまのパパさん こんにちは。
くるたまのパパさんの懸念された時刻に、真っ暗な道志みちを走ってきました。
もちろん計画では暗くならないはずだったんだけど。

お酒を飲みながらじっくり読んでください。 (*^ω^*)ポリポリ
大安の日 (トンサン)
2014-07-31 13:00:03
あー、そうだったんですね。
それでいろいろと運が良かったのかも。
ところでメリダはスローパンクです。
今はぺしゃんこ。
やはりバルブ近くの空気漏れは直せませんね。

いやいや、もう上りは・・・・(≧ω≦)
何じゃこりゃ <(_ _)> (くるたまのパパ)
2014-07-31 16:51:46
トンサン!凄いじゃないですか!!
19時間ですよ、19時間!!
そんなに自転車乗ってたことないですよ。
よく戻って来れましたわ、脱帽です。<(_ _)>

しかも早々に「喰えない」「固形物が喉を通らない」モードに陥ってる。
熱中症まっしぐら路線ではないですか。
その後、吐き気とか頭痛とかありませんでしたか?

道中、自問自答と葛藤に苛まれたこととお察しします。
1人なら気持ち折れたでしょうね、私なら迷わず折れます(キッパリ!)。
常に二択の中、厳しい方を選択できたのはひとえにDawaさんがいらっしゃったからなのでしょうね、痛感します。

しかし、、、そんな状態で炎天下を走り続けたとは・・・
結構危険な状態だったのではないでしょうか?
自覚できないまま判断力が落ちてて落車しちゃった感じでしょうか。
いつ「ドッカン睡魔」が登場してもおかしくない状況ですね。

あ~あ、本来「やれば出来る、あきらめない、がんばらない」
・・・のトンサンが「がんばっちゃった」ですね、それも限界まで。

もうこれからは、「がんばらないトンサン」とは言わせませんよ(笑)。
「泊まりますか」「帰ります」に痛烈な「帰巣本能」を見せて頂きました。
帰宅後の達成感とお風呂と布団は堪らないご馳走だったことでしょう。

いや、お見事でした、感動しました!

こりゃ文字通り「ブルベ(認定)」で間違いないです!

P.S.
一番重いチャリで行っちゃったのね(笑)
くるたまのパパさん ちょっと違いますよ。 (トンサン)
2014-07-31 23:13:03
>19時間ですよ、19時間!!

これは僕の中では最長記録で、(もちろん食事や休憩含めてですが)、160kmを走った時より長い時間ですね。
僕の中ではやはり、距離より走っている時間の長さが、自転車の最高記録かな。

>しかも早々に「喰えない」「固形物が喉を通らない」モードに陥ってる。
熱中症まっしぐら路線ではないですか。
その後、吐き気とか頭痛とかありませんでしたか?

12時にそばしか食べられなかったのは、出かける前に朝食を食べたのに、ダワさんに合わせてパンを買って途中で食べていたからです。
僕は小食なので、一度にたくさんは食べられません。
全く熱中症なんかには関係なく、当然吐き気も頭痛もありませんよ。

>厳しい方を選択できたのはひとえにDawaさんがいらっしゃったからなのでしょうね

はい、そうです。厳しい方はダワさんが買ってくれましたので、僕は厳しい選択はしませんでした。
なにしろ大変な登りは、ダワさんが戦車メリダに乗ってくれたので、僕は戦車メリダで山中湖に行っていません。
自転車で山中湖には行ってきましたが。

>炎天下を走り続けたとは・・・

確かにこの日は暑い日でしたね。新聞には熱中症で全国で11人亡くなったと出ていましたから。
しかし、メリダで登るのがつらかっただけで、ダワさんが木陰ルートを選んでくれたので、暑さは平気でした。

>自覚できないまま判断力が落ちてて落車しちゃった感じでしょうか。

これは全然違います。
快適にメリダで下っていました。
しかし想像以上に2度目のカーブがきつく、体の返しが遅れたためです。
技術不足です。
倒れる時も「ボーッ」とはしていません。ダメージの少ない転び方をしていたと思います。

>、がんばらない」・・・のトンサンが「がんばっちゃった」ですね、それも限界まで。

まあ、それなりに頑張りましたが、限界ではありません。
少し休めば回復しています。だから、ちょっときつくなると「ダワさん休むよ」タイムをちょこちょこと。
道志みちの坂のきついところでは押し歩きもしたし。
山中湖で1泊しなかったのは、時間をかければ十分帰れると判断したからです。
ダワさんには迷惑をかけたかもしれませんが。

けして無理はしていませんが、計画だと19時帰宅予定だったのが、0時近くになってしまい、計画の甘さを反省しています。
平均時速10キロは無理だった。  (*≧ω≦*)
まあ今回は、装備も含めて色々と勉強になりました。
おっと失礼 (くるたまのパパ)
2014-08-01 02:31:04
えらくピント外れのコメントしちゃったみたいです。
<(_ _)>

これを踏まえてもう一度最初からじっくりと読んでみますね。


くるたまのパパさん おはようございます。 (トンサン)
2014-08-01 08:59:51
まぁ、えらくピントはずれでもありませんけどね。
くるたまのパパさんが、ご心配のことは良くわかります。
真夏ですからね。
疲れはしたけど、ダワさんが一緒だったから、心に余裕はありました。
道志みちもライトがもっと明るければ、快適でしたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。