トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

前川喜平前文科事務次官は、近年まれに見る立派な人だ。総理大臣になって欲しい。

2017年06月01日 20時20分43秒 | 日記

6月1日(木) 雨のち曇りのち晴れ

前川喜平前文科事務次官の事を調べれば調べるほど、立派な人であることが分かった。

こういう人を日本の総理大臣にしたい。 
ほんとうに近年まれに見る立派な人だ。




「基本的人権は、国籍に関係なく、日本に住んでいる人にはみんなにあるものだ。」

記事コメントを見ると、前川喜平氏に総理大臣になって欲しいと思うのはトンサンだけではないようだ。



官邸の謀略失敗? 前川前次官“出会い系バー”相手女性が「手も繋いだことない」と買春を否定、逆に「前川さんに救われた」と


《感動》前川喜平は弱者を守るサムライだった❗この人に二言はない❗


前川喜平さんという一筋の光


前川氏の人柄を調べてわかった人は、みんな「素晴らしい人」と評価している。
 
やはり素晴らしい人だな。前川喜平氏に総理大臣になって欲しい。 トップに立つべき人だ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄色いバス(おもちゃ)修理。

2017年06月01日 00時00分01秒 | 工作

5月31日(水) 晴れ

今日の修理品  おもちゃのバス

先日は青いパスを修理した。

青いバス(おもちゃ)修理。

今度は黄色いパスだ。


後輪のユニットが外れて、車内に入っている。



が、良く見たら片方のタイヤが無い。



ということで丸棒を切ってタイヤを作ろうと・・・



ところがこの丸棒は弱かった。すぐにボロボロになる。



ということで、固い木を削って、タイヤにしようとしたが、タイヤの大きさより小さいので、ビニールホースをはめようとしたのだが・・・



丸くするために削ったら、削りすぎてしまった。



しょうがない、自転車のハンドルのエンドキャップを加工しよう。



ところが中心部の肉厚が薄くて、グラグラする。



さっきの木をはめてみよう。



ところがゴムの中心部をくりぬいたら、ふたつに分かれてしまった。



最後は木のボタンで作るしかないか。
ドリルでシャフトの通る穴をあける。



ボタンとシャフトに接着剤を塗り、はめる。



はずみ車の付いた動力部の固定がグラグラするので、アルミ板で動かないようにした。



完成。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加