tonosamarings blog

窓際COACHのドリ鰤物語

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

関東遠征最終日

2016-12-28 17:49:54 | 遠征
関東遠征最終日にして、群馬ラウンド、なにより5日間の遠征が終わる
朝から小雨で、千葉よりも寒い
人工芝であったのが救いだったかもね
さて、1試合目、夏にお世話になったセブン能登戦、互いに夏からのノビシロがどのくらいあるかの試し合い
今回参加してない選手もいる中、セブンは組織がしっかりしてきていて、これまた広げられて苦戦
それに比べ、夏よりはかなり遅くなったうち、後ろからドリとショートパスで前に進むも真ん中あたりでピタリと止まり、また攻められるの繰り返し、できればバイタル辺りまで行けたら良いのですが、これが今の彼らの力
2戦目は、地元のクリロFC
やはりフレッシュには敵わない、切り返されるとおっとっと、ボールを持つと動きの速さにぶつけてしまう始末
心と体のブレがどんどん大きくなり、クラッシュの連続でした
まぁ、腸炎組が復活プレイできたのがよかったかな
3戦目は、地元の中体連
うちの心の弱い2年生がまったくのブレーキ
オオトリのゲームが今のうちを象徴してんのかなぁ〜
いっぱいやられました
練習試合相手になれてたら良しみたいなものでした
まぁ、最後に1点は取れたのでなんとなくそれが〆ということでしたが、まだまだ、甘いと感じました
これで、全日程終了
思えば埼玉から始まり、千葉、そして群馬とぐるり
いつもより、濃いものとなりましたが、うちのようなドリブルサッカーチームは勝つということにかけては、シンドイなぁと実感できましたが、やったらいけるんちゃうかぁという思いも強くなりました
あとは、選手がオンオフ共に改善と意欲を持って取り組むことが出来たら、ゼッタイニウマクナルと思いました
〜最後は皆、同じ〜
だからこそ、あえて遠回りすることを選んだのだから、最後までやりきらないといけない
最後に、今回の遠征で大変お世話になりました
飯能BSV 大下代表を始めとするコーチングスタッフ
JSC CHIBA 橋本社長を始めとするコーチングスタッフ
前橋ジュニア 今回は青木コーチを始めとするコーチングスタッフ
そして、試合をしてくださった
飯能BSV(埼玉)ブラウブリッツ秋田(秋田)JSC CHIBA(千葉)ヴェルディ小山SS(栃木)SC相模原(神奈川)セブン能登(石川)FCクリロ.新島学園(群馬)
こんな弱いチームですが、対戦していただき、本当にありがとうございました
次に試合できる機会がございましたら、50点ぐらいで収まるように頑張りますm(_ _)m



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉ラウンド2日目 | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL