野口敏夫プライベートブログ

私の周りで起こった出来事や日頃思ったことなど個人的で気ままなブログとなっています。

妻・再入所後の容態(60)

2016-09-18 14:18:23 | 健康・病気

                                     最近の妻の病状(115)

 一昨日(9/16)の夕方、妻の入所先の看護師長のHさんから電話がかかり、お昼ごろまでは元気にしていた妻が急に発熱し、40.3度もあるとのこと。インフルエンザの恐れもあるので、血液検査や尿検査などして原因を調べている由。こういう風にすぐ知らせてくれるところがこの施設の有難いところ。

 翌日には敬老大会を控え、透析日で参加できない私の代わりに、次男と孫息子も参加する予定だったが、急遽取り消しを余儀なくされた。

 昨日(9/17)は、透析から帰り、すぐ師長さんに電話し、妻のその後の容態を尋ねたところ、インフルエンザの疑いは晴れ、熱も37.9度まで下がり、本日は昼食もおやつもちゃんと食べた由。ただ、尿に潜血反応が見られたので、膀胱炎との診断の下、抗生剤を服用させているとのこと。
 膀胱炎は私も昨年経験しており、抗生物質が効果あったので、今回の妻の場合も、恐らく短期間で回復すると思われ、一安心する。

 そして今日は、ようやく私の身体が空いたので、午前中、次男と共に駆けつけたところ、妻は個室に移され、ベッドで寝ていた。インフルエンザの疑いがあったので隔離されていたのであろう。

 担当介護士さんの話では、その後も一時は38度を超えることもあったが、現在は平熱に戻っており、食事も普通に摂っているとのこと。

 本人も、落ち着いた様子だったが、さすがにいつものトランプは無理なので、代わりに3人で尻取りをやったところ、結構難しい単語を知っているのに驚かされた。

 以下に妻の発した単語だけを列挙すると、
 輪ゴム・驢馬・白馬・手紙・田圃・林檎・塵紙・赤・面子・獣・緑・野原・子供・鹿・着物・牛・火事・烏賊・馬・扉・銀行・利子・山羊・父・犬・烏・理科・蜜蜂・医者・口・お皿・槍・草野球・力持ち・蜻蛉・猪・留守・利口・辣韭・ポパイ・鋸・汽車・色紙・亀有・四角・馬車・螽斯・インク・ズボン下・脇の下・ランニング・血だらけ・滲み・鴎・鵂・ズロース・団扇・切符・相撲・義足・桜・質・打棄り・草餅・芋・野原・尻取り・嘘・塵取りーーー

 概ねはヒントなしで答えられた中で、時として、答えに詰まるときもあったが、そんなときは、こちらで関連用語や仕草で助け舟を出すようにした。例えば、「カ」が出ないときは「火が出てみんなが騒ぐのは?」で「火事」を引き出し、「リ」で困ったときは「銀行にお金預けると付くものは?」で「利子」となり、「ウ」で迷っているときは、私が相撲で打っ棄るゼスチャーをすると「打棄り」と答える、といった調子である。

 以上、語彙も結構豊富であり、これでなぜ普通に話せないかと思うほどだがーーー急に「私、自分の住所氏名を言えるわよ」と言うので、言わせてみたところ、正確だった。しかし、重ねて、電話番号は?と問うと、そこまでは知らないと言う。

 尻取りが一段落したところで、昼食が運ばれてきたので、それを潮に引き上げてきたが、この分だと回復も早くいきそうだ。

                          以上

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妻・再入所後の容態(59) | トップ | 白川郷・飛騨高山周遊と金沢... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL