野口敏夫プライベートブログ

私の周りで起こった出来事や日頃思ったことなど個人的で気ままなブログとなっています。

81回目の誕生日に思う

2017-06-28 21:58:30 | 随想

 とうとう81歳の日を迎えた。息子からは祝誕生日メールが届き、そのほか、FBで5人の方々から祝メッセージを頂いた。一人暮らしの身、有難いことである。

 若い頃は自分の80代はおろか70代すら想像できなかったが、すでに八十路を1年も過ぎてしまった。これから何年生きられるかわからないが、透析中の身、健康人に比し、平均余命は半分と言われているので、あと4年がせいぜいということになる。東京オリンピックの年まではどうにか間に合いそうなものの、先を見越すと寂しい限りである。これからは、歳を聴かれたら「当(十)年とって71歳です」とでも答えようか。

 しかし残念ながら、体力・知力とも年々衰えているのを感じざるを得ない。昨年までやっていたことができなくなる、あるいはやる気力がなくなる一方、記憶力の低下も著しく、毎日必ず何かしらすることを忘れる。さらには何を忘れたのかさえ思い出せないことすらある。

 妻が重度の認知症で保健施設に入所中のため、私が先に逝くわけにはいかず、かと言って私より5歳も若い妻の旅立ちを待つというのも、残酷極まりない話で、この相矛盾する課題をどう克服すればいいのか、考えれば考えるほどストレスが増してしまう。winwinの答えはないものか?

 ともあれ、今日は誕生日である。「誕生日 一人寂しく ワイン飲む」

 以上、思うがままに書いてみました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妻・再入所後の容態(86) | トップ | 若かりし頃の作品 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

随想」カテゴリの最新記事