けやきと見る夢~殿ヶ谷十二支はやし連ブログ~

東京都立川市西砂町で活動する 重松流・殿ヶ谷十二支はやし連の公認ブログです

菅生一座観劇記・後編

2016年10月13日 | その他


合唱につづいて、野口座長やご来賓のみなさまのご挨拶。
ちなみに野口座長は、先日の殿ヶ谷一座奉納芝居を観に来てくださり、楽屋にも挨拶に来てくださいました。
公演直前のお忙しい中、ありがとうございました。


爆笑時代劇 水戸黄門漫遊記「満地峠 酒飲み地蔵の巻」
野口座長は、馬の前足の役で登場。足が喋ります。(笑)


アドリブと地元ネタ満載のドタバタ劇。でも最後は印籠が出て一件落着。やはりこの筋書きは最強です。


大黒舞。客席では、かわいい子ども座員たちがお菓子撒きをしました。


歌舞伎 傾城阿波の鳴戸「お鶴順礼歌の段」
クライマックスの、お弓とお鶴の別れの場面。
不勉強な私。調べましたら、「浄瑠璃の作品で阿波徳島の御家騒動を描いた時代物。8段目「順礼歌の段」が有名」らしいです。菅生一座さんでは、江戸から明治にかけて多摩地方に伝わり、昭和20年頃まで大流行した説教節の経本を使っているそうです。


太夫と三味線。


歌舞伎 寿曽我対面「工藤館の場」
花魁姿の子役の二人は小学生。


歌舞伎って「絵」ですよね。


最後は、役者スタッフ勢揃いで手締めで終了となりました。

写真は舞台の出し物を写してますが、舞台裏には床山さんや着付けのスタッフが大勢いるし、外でも受け付けをしたり、駐車場の誘導をしたり、道案内の看板を出したり、大勢の方々が手伝っています。また、来年は菅生会館前に「菅生の組立舞台」を組んで公演を行います。その時には「組立舞台保存会」の舞台師の皆さんが活躍します。これらの方々は、みんな菅生地区の住民のみなさん。
舞台で演じられる出し物とともに、そんな「芝居のある町」の雰囲気も十分に堪能した、今回の観劇でございました。



『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅生一座観劇記・前篇 | トップ | 中里さんと合同練習をしました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。