ブログ・ヤコブの梯子

天と地の仲介者、素盞鳴、イエスは、ヤコブの梯子。
相反するものを和合する、すべてに当てはまるプロセス。

尊と神の理念を、正確に知る時

2017-05-14 07:59:51 | 疑問、気付き等


写真は、静かな沼の周辺。

〔尊と神の理念を、正確に知る時〕

チャネリング・メッセージで言われるところの神を、尊に置き換えて解釈してみてください。

神は、精霊を意味します。
尊は、自らのヒト、人、霊止を意味します。

最近のメッセージでも、ここは神のこと、ここは尊のことを言っていると理解して、読み分けることが先々の叡智獲得において、有益と思われるところがあります。

神界の理がまったく分からなかった無知な過程では、形而上の影響すべてを神と呼んできたわけです。
大半の人が、未だにその理知レベルと言えます。

人間から見て、神とする三層が次になります。

主の尊と、精霊の神。
高次元の知識と情報をもたらす、意識体。
妖怪邪霊、人間の想念凝固体。

詳しくは五層~七層に分けて解釈できますが、それは後程折に触れてのことにします。
実際このブログは、ここのところをずっと探求してきているわけです。

ですから、このブログを読まれる方々だけでも、尊と神の理念を正しく理解して、迷いを少なくしてください。

自らの創造意思について、
形成世界の法則について、
宇宙の動きについて、
そして人間の想念と動物霊が融合して、<人間の喜ぶ>ようなことを言っては<躓かせて喜ぶ>邪霊、これらのメッセージを読み分けれる理知を持ってください。
いずれにしても、次元濃度の尺度が理解できていれば、少しずつコツが掴めてきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間に罪無し(Ⅲ) | トップ | ぼやき日記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。