ブログ・ヤコブの梯子

天と地の仲介者、素盞鳴、イエスは、ヤコブの梯子。
相反するものを和合する、すべてに当てはまるプロセス。

世相

2017-07-27 09:20:40 | 社会
今日は、面白ジョークですが、スピ系の人はスルーしてください。
スピ系の人は、霊的戦士ではありませんので保護が必要で、今は余計なことに触れずに高波動の領域を広げることに一心になってください。
高波動のフィールドを広げるのも、少しは急いでもらいたいものです。

自分に霊的戦士の資質があると思える人は、いつも言っていますように感情に気を付けて、その低次元の物語に飲みこまないように十分気を付けて、知らず知らず飲みこまれそうになっている自分に気が付いたときは「自分が何者か」思い出してください。
手本になるのは、戦場報道記者のようなタイプでしょうか。


〔世相〕
先日、香川県議員さんの方々の海外視察団を、フジTVが追跡した番組をしていました。
日程九日間で、視察と言えるのが4時間余り、後は観光とビールという視察でした。
費用900万円余り。

ふ~む、こんなことかなとは思っていましたが、視察に関してはほとんど覚えていないと言う始末。
まったくの慰安旅行?

これも戦後からでしょう、親分がそれだと子分は長い者には巻かれろで、一人だけまじめなこと言っていては生活不可能。

当然氷山の一角、どれだけの無駄使いがあるのでしょうか。

もちろん地方議員だけではなく、東京都も同じようなことでしょう。
そういえば前親分が、この通りでしたね。
??そう言えば、前親分、都ドン、香川県の視察団、みんなどこか似ているタイプとは思いませんか。
親分と金魚のウ〇コ。
〇池ご夫妻。
このタイプを並べると、至極納得できるのですが。

話が少し遠くなりますが、カルトのご婦人たちが、今の政権に「税金高い」「政策が悪い」「はっきり言わない」「改悪」とか、自民、安倍が悪い悪いと必死の抗議していますが、自分たちの親分と幹部クラスと、利権層の親分たちが、背後から差別感を煽っていがみ合わせて、自分たちだけが酒池肉林、我欲と虚飾を満たして舌なめずりしていると知ったらどうでしょうか。

と言っても、この人たちは自分の目で見ても判らないでしょうか。

しかもなぜか、この人たちは、こうした親分や議員たちの不祥事は、それほど抗議しません。
ただただ、自民悪い、安倍悪い。

正常な人は、政治経済などの諸悪の根源がどこにあるか、よくよく観察しておきましょう。
そこがクリアーされれば、最低賃金も上げ、年金を削る必要もないくらいのことは当然できるでしょう。

税金や年金ばかり狙われて、パート最低賃金でしかも税金払う。
その上、ブラック企業で過重労働。

その原因は、たんに現政権だけにあるのでしょうか。

だいたいパートは有閑マダムが働くみたいに思っているのでは。
保育士少ない、シングルマザー多い、生活保護寸前の人の方が多いのでは。

それにも関わらず、いったいどこにお金が流れているかな?
タブー親分怖いので、皆知らぬ存ぜぬ。

ここら辺に巣くっている親分子分は、誰でしょうか。
カルトの婦人部、そんな人を庇うかのように、自民悪い、安倍悪い。

無関係に思われますが、多い空き地はどんな人たちが所有しているのでしょうか。
一日も早く、天罰が下ることを願っております。

もうひとつ無関係と思われるような、北の記事。
〔脱北して韓国に住んでいるA氏が、TVで北の内情を話していると、ある日突然携帯に北に居る家族から電話がありました。
「家族と国を裏切っただけで充分なのに、TVにまで出て祖国の悪口を言う、もうやめてくれ」
A氏は番組を降りた、どうして電話番号が北の家族が知っているのか。

国内では、こんな文書が配られる。
「脱北者に将軍様のお達し、戻ってきたものにはマンションを与え、教科化所(生きて出られない刑務所)に送られることはなく、豊かに暮らせる」
ほんとうに自国民や、同民族を人質にする、「裏切り者、両親と子供を捨てた倫理に背く人でなし」との脅迫。
手段は日本のカルトも同じです。

実の「倫理に背く人でなし」とは、どちらでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 岩戸開き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。