ブログ・ヤコブの梯子

天と地の仲介者、素盞鳴、イエスは、ヤコブの梯子。
相反するものを和合する、すべてに当てはまるプロセス。

色、エル・エロ、スペクトル、プロセス

2016-11-07 08:18:47 | 思想哲学
色、エル・エロ、スペクトル、プロセス。

個人的仮説として、西洋の四大天使の語尾にエルかエロの音が付きますが、この発音と日本語の<色、イロ>と同意義としています。

中略して、結論を挙げます。

<アーオーウーエーイ>

〔霊精妙界〕
アは創造意思、理想目的。
オは、その結果。

ウは、その理想が形成界に生まれたこと。

〔形成界〕
エは、絵、ビジョン、理想成就に適した生まれた環境。
イは、形成界のプロセスを生きる、現在意識です。

人間の意識に還元すれば、
(ア) は、意思。
(オ)は、結果イメージ。
(ウ)は、発言行動。
(エ)は、環境。
(イ)は、現在意識になるでしょう。

アとオの関係を極端な言い方で説明しますと、霊精妙界、いわゆる真我の次元段階で、物語の初めと終わりが設定されていることになります。

<色彩での解釈>

霊界で全体意識は白黒。
精妙界で、四大天使、四原色。
形成界での展開、スペクトル、最少分割で七色。

形成世界、時間空間での展開のプロセスを内蔵したのが、キリスト、尊の理念です。
本来陰陽未妙で、双子か、子供と老人と融合動物の象徴で、表現される中央の柱の理念。

それでは<アーイーウーエーオ>の順は何を意味するのか、と改めて考えさせられます。
その仮説を挙げておきます。

太陽光<ア、イ>生命と意識。
生命と意識が、万物を育む光でも有ります。

<ウ>は、その生命<魂>が地球に生まれる。
※人間が生まれることは月と関係していると言われますが、その知識は持ってないのでよく解りません。

<エ>は、生まれた環境、具体的にはDNA。
<イ>は、その身体環境に宿った魂の一部、現在意識。

<オ、エ>は、地球上の現世の展開<エ>と、その結果<オ>と言えます。
オとエを〔地事〕としているのは、地の物事<感覚>と関係が有ります。
アとイ〔天性〕は、天の霊<意識>と関係が有ります。

アオウエイの霊的順序はア、ひとつの物語の意思が起きれば、その意志の要素<波動>に寄って、すでに結果が想定されていることを意味します。
その間である<エのプロセスビジョン>を、五感世界の順序でイ意識が辿る、ことが現世の運命、人生物語になります。

エ、意識干渉範囲内ミクロコスモスの中心に、イ、意識がその物語を展開して見ます。

前稿〔神と悪魔の対立する観念〕の続きとして、幼子イエスの成長過程と照応してください。
心理的には、現在意識と、高次元真我との繋がり。

強いて言えば、<アオウエイ>は精妙世界の順序、<アイウエオ>は五感の順序。
とにかく人間の脳では、天と地、精妙界と五感世界の間に有る<理念の交差>と変性が、非常に混乱するところです。

ここで私たちの近未来として、次元移行した時に起こる第三の順序ですが、<イの現在意識が創造の中心>になることが予想されます。
この場合イは現在意識、ウは潜在意識になるでしょうか。

日本語で、イウは、言う、自主発言と解釈しても良いかもしれません。
天性、イウアウイ、地事、エウオウエ、と考えると不思議な創造循環が思い浮かびます。

この時、現在意識の気づきによって、過去未来を選ぶことになるかもしれません。
過去の要素と、未来の理想イメージの中から、今を創造すると言えるでしょうか。
近代メッセージ的には、現在意識の気づきが、より善いパラレルワールードを選びやすく成ることです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神と悪魔の対立する観念 | トップ | 世相 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。