ブログ・ヤコブの梯子

天と地の仲介者、素盞鳴、イエスは、ヤコブの梯子。
相反するものを和合する、すべてに当てはまるプロセス。

森友学園

2017-03-08 08:31:27 | 社会
森友学園も、残念です。

学校経営者がどのような人か知らないですが、せっかく良い教育環境ができようとしていたのに、教育手段が反日教育のやり方と同じ程度ではお話にならない。

子供を使って民族意識を植え付けたり、首相をおだてる政治的なことを言わせたり。
「同じ土俵に乗る」と言う譬えが、よく判る代表例でしょうか。

学長の頭が古く堅い、あのような園児教育では、時代錯誤はなはだしいと言われてもしかたありません。

日本精神を基礎にすることにはまったく賛同しますが、これからの教育には、霊性ある宗教、自然生活教育、心理学等の識者を集めたシンクタンクを設けてからはじめるべきでしょう。

その基本がなくて、戦前の亡霊だけの学校では、天も味方しないのはわかります。

もしこの基礎が数年前からあって、大切な幼児期に則した礼儀秩序と、個性と才知を伸ばす自由性が整った教育ができていたとすれば、ある程度の不祥事があっても支援者がいて乗り越えられたでしょう。

このブログを読まれ方は、意識段階からの観察と、ほかに霊的作用から観察した人もいるかもしれませんので、もしそのような記事が目に付いたら、両方の見解を考慮してください。

そのときに、自分が、多次元観察ができているかどうかが判ります。
もしできていなければ、どちらが正しいかを延々と考えて、中庸と核心の答えを出せないでしょう。

その答えが土台となって、今後の予想となにをすれよいかを考えられるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑記 | トップ | ベールの向こう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。