ブログ・ヤコブの梯子

天と地の仲介者、素盞鳴、イエスは、ヤコブの梯子。
相反するものを和合する、すべてに当てはまるプロセス。

世相

2017-06-19 10:36:51 | 社会
〔世相〕

もう一般常識に囚われて、飾り立てる言い方は控えて、できるだけ正確に率直に書いて行きたいと思っています。
具体的なことは控えますが、自分はここに疑問があり、ここは賛同しますがここは嫌いですと書いて行くつもりです。

具体的なことは、上ばかり見ているスピ系の人たちにはなんのことやら意味がありませんが、危機感の嗅覚が千倍ある闇側には、前準備と揚げ足取りのいい情報になるからです。
それももうしばらくのことではありますが、用心はまだ必要です。

元気の流動に障害なっている雑想念とは、愚かさ、弱さ、錯覚ですが、これらの悪習慣を取り除くのはなかなか時間がかかります。
しかし、自分で嫌な悪習慣と分るものは、よく見えるので、案外と管理できるものなのです。
それよりも気が付くのに難しいのは、「これは人間的に正しことだ」と思っている雑想念です。
こうしたより潜在的な観念の方が、現実に影響しているのです。

これは上昇志向の人にも、下降の人にもあります。

ここで下降に関してのみ挙げておきますと、その人の魂が、救われる、救われないの、分かれ道もここにあります。
まず魂が救われる条件、試練は誰も同じで、正確には家族集団組織民族国家等は、直接関係ありません。

闇の手先の集団が、「法律に触れない、人が知らない、証拠がない」であればどんな非人道行為でも肯定できる「私たちは、されたのだから返すのが当然」とする観念も潜在的なっている観念の一つです。
自分とは無関係であった人にも集団非人道行為ができるのも、その「自分は正しい」「それしかない」と思える心理状態からです。
過剰被害者意識の、家族的刷り込みでもあります。

大きなタブーにしてしまえば、どんなことも正しい。

このように考えられる性質と、途中で「自分は、いったい何をしているのか」と気が付いて方向を変えようとする人に分かれます。

霊魂を信じる(3=1)の人は、「このままではいけない、なんとか他に意識を向けよう」と悩み、少しずつ向上してゆきます。
現実だけしか信じない(2)思考性の人は、こうした公に知られない集団非人道行為が、この世でもっとも賢く強い支配力として、誇りと快感になります。

集団非人道行為が、「自分の転生や、子孫の未来にもよくないことだ」と、考えることはしないのです。

現在、いろんな分野で、混乱が出始めています。
政治関係も、一見一退しているように見えますが、国民の意識が違ってきています。

闇の性質が手を広げ過ぎて、手に負えないところに来ています。
同質の共喰いの時ですが、共喰いは<現実と精神的な利害関係>で起こります。
闇側の利害関係とは、結局金権と虚飾の張り合いです。

そのイメージは、毒蛇がもつれ合い、自分の体か他人の体か分からないまま噛みついている有様です。
ネット回線すら支配していると安心しきっていますが、闇人間が唯一知らないことは、諸刃の剣の理です。
情報過多がもたらす貪欲鬼畜の混乱が、どのように働くか、予想ができないのでしょう。

その苦しさで、足を引っ張りに来ますが、それももうできなくなります。

このイメージで、世相を一歩退いて眺めてみてください。
戦後闇側は、あらゆる社会分野に浸透して、集団陰口で支配力を持ち、非人道行為のし放題だったのです。
病院も、その一つ。
陰口情報ネットでターゲットになっている人が入院してくると、弱っている背中を押すようなことをこの人間たちは<実行>できるのです。
それまで、無関係な人であってもです。
それはその集団の人以外は、誰も知りません。
しかしその人の中の神は、見逃すことはありません。
実に、そのカルマが、いつまでも続く差別感を造り続けているのです。

もっとも平和先進国の日本と見られ勝ちですが、原因不明自殺、行方不明、の死者数が尋常ではないことを、やっと多くの人が知り始めました。
ですが、これからも確証は挙げられないでしょう。

闇の人たちに、「自分の中に自分を正しく裁く神がいる」と言っても、まったく信じないでしょう。

押しつけの親切で人に近づき、弱みを見つけると手の平を反す。
「人として嘘をついてはいけないところで嘘をついて人を陥れる」
これを一度でもすると、誰もが信頼の回復に非常な困難が付きまといます。
それを集団で、何十年も続けてきたわけです。

何をするにも「ただと思うな」条件つきです。
無条件の愛とかは、子供の妄想です。
どんな美辞麗句の宗教団体など装っていても、本質は弱肉強食低次元の闇なのです。

それでも闇の人間たちは「わしらのことを絶対信じようとしないからだ」と言うでしょう。

この性質、DNAの時代が終わるのです。
自分の中の、正しい裁きをする神の時代です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後は、待つだけ | トップ | 経済本来の心は、世の民を救... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。