ブログ・ヤコブの梯子

天と地の仲介者、素盞鳴、イエスは、ヤコブの梯子。
相反するものを和合する、すべてに当てはまるプロセス。

<ひふみ>段階は神聖と言われたり、爬虫類段階で低くて悪いと言われたり、矛盾しているのはなぜか。

2017-03-13 08:42:50 | 思想哲学
<ひふみ>段階は神聖と言われたり、爬虫類段階で低くて悪いと言われたり、矛盾しているのはなぜか。

高次理念世界では、ハ虫類、哺乳類、人間は、調和して生存して善悪はありません。

しかし、第二創造である人間社会の競争観念の中で展開した爬虫類意識は、執拗な性質になりやすく、哺乳類は支配欲を持ちやすいのです。


現在のタイムラインでは、邪悪な闇の魂は下降します。


「魂はみな神聖なのになぜそんなことを言うのか」「そんな差を言うあなたが高い意識を持ってないからだ」と考える人が、案外多いと思います。

そこに多次元思考が、理解されていないところがあるのです。

参照図版。

高次元になるほど無限時間になることで、そこには魂の差はありません。
在るとされるのは、勝手に作ったゲームルールだけです。

下らない他批判をして悩むのは、三次元時間感覚でしか、見ていないことです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪霊悪神が直接人間界に介入... | トップ | 多次元思考 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思想哲学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。