田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

三匹の生活?

2016-10-25 08:54:12 | 銀&Marc物語り
静かです。テレビを点けない限り!我が家は、物音ひとつしません。
カアちゃんがシンガポールとやらに、豪遊に出掛けているからです。
残されたケモノ達三匹は、息を潜めて暮らすしかありません。
息を潜めるのには訳があります。
カアちゃんが豪華長期休暇中の間に、三匹は下手に怪我や病気は出来ません。
そのためにカアちゃんが緊急帰国なんてことになったら、後でどんな仕返しが待っているか。
だから、アクティブな動きは完全に封印して暮らします。
日々何事もなく生活するのが、最も喜ばれるのです。

それはソウでしょう。今頃カアちゃんは、シンガポールの天空のホテルです。
『マリーナ ベイ すってん』とか言うとこらしい。てっぺんに舟形のプールがあってさ。
ソレが世界一高いプールだから、絶景かな絶景かなとハイテンションのハズ。
(ケッ!そんな高価なプールで、金づちのカアちゃんが溺れないことを祈るばかりです。)

さあ、夜と言うと、シンガポールでは『ナイト サファリ』とか。
ケッ!熊本でも、本荘地区には『ナイト ハウス』とか在るんじゃあ。
夜になると、目をギラつかせた獣達が三匹。テーブルの上にウロウロ。
弁当の鮭を狙って、ヒゲゴリラと二匹の猫達がエサをむさぼり合います。
そして腹を満たした猫達は、ふてくされた様にヒゲの布団で一緒寝んね。
オモロい形態が今夜も繰り広げられるのでした。
ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボビィー・フィッシャーを見... | トップ | 校閲ガール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

銀&Marc物語り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL