田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

寝台列車〜my story

2017-03-20 14:53:41 | ヒゲの毒舌
これは、指定テーマ “寝台列車に乗った…” の、スピンオフ物語です。 (笑)

学生ヒゲの、熊本~京都間の交通手段は、夜間急行・天草号でした。
時間的な都合良さと、出発と終点が熊本と京都なのも選択の理由です。
熊本から出発する時は、ちょっとリッチに寝台車でした。
実家に滞在中には、割りと金銭面で余裕があったからです。

しかし、京都から帰省する頃には、もうスッカラカン!
寝台券を購入するなんて、全く余裕はありません。 (汗
    
                             ≪ 当時の京都駅 ≫
京都駅に着くと、先ず“キヨスク”で、必需品たる夕食を買います。
当時の駅弁は、幕の内弁当ぐらいな物です。
そして、肝心なのが酒類。
限られた予算から、大関のワンカップ一個とウィスキーミニボトル一本を。
自前で買う時は、酒質にこだわる余裕なんてありませんし、当時の酒事情ですから。
大事なのは、窓際の席を取ることです。 弁当の置き場が要るので。
                 
夜汽車は8時ぐらいに出発です。しかし、ヒゲは弁当をまだ開けません。
やがて大阪駅に着くと、新規の乗客がドヤドヤと乗り込んできます。
席が鎮まる頃には、今度は神戸駅に到着。
これで、大方の乗客が乗り込みます。
それからおもむろに、目の前の乗客にワビを入れて駅弁を拡げます。
もちろん酒も。

大事なのは、頂くスピード。
なるべくユックリ(!?)食べて飲むのが、夜行列車の旅のコツです。
これから、まだ9時間も同じ席で、過ごさねばならないのです。
そんなの退屈で死にそうですヨね。
だから、酒を相手に長い夜を楽しむしかありません。
先ずは、玉子焼きを箸でちぎって(!)頂きます。
決して、大きいままガブリとしない様に。
それから、カップ酒をちょいと。 時々の夜景も楽しんで ・・・ 。
次は、赤かまぼこをひとかじり。
幕の内弁当は、酒肴の宝庫です。 呑んべいには堪りません。
              
忘れていけないのが、塩サバ焼きは半分残しておくことです。
最後の酒が尽きて、俵型ご飯を食べる時のアテだからです。
岡山から広島を通過する頃には、周りの乗客はウトウトです。
ウィスキーも尽きて、ご飯も終ったヒゲもひと眠りします。

やがて、山口から関門トンネルをくぐり抜けた頃には、少し明るくなっています。
「 九州に入った! 」 と喜ぶのは、まだ早いのです。
列車は筑豊本線に入り、各駅停車の鈍行に替わります。
時には、線路譲りの長時間停車もあり、遅々として進みません。
関門トンネルから、もうウンザリな時間を経て、熊本駅に。
朝の10時ぐらいに到着です。
出迎えのあけみちゃんの笑顔で、疲れが吹っ飛ぶのでした。
ほら、公衆電話で十円玉を積んで長距離電話した将来のカァちゃんの。 (笑)

      人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
『お弁当』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 厄介者、君の名はノロ助! | トップ | 将棋ターミネーター~パート2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
汽車の旅 (batten)
2017-03-22 07:52:35
姪っ子の結婚式のため、3日前に新大阪~指宿まで行きました。

新幹線で行っても鹿児島中央駅まで4時間チョイ。それから乗り換え30分。
往路は「蓬莱の海老焼売」「甘酢烏賊」「竹輪」に、岡崎・六盛の丸弁当。
酒はキオスクでビールとワンカップに、家で割水した焼酎をペットボトルで持参のプチ宴会でした。

問題は復路。
「つけ揚げ」「「鰹腹がわ」に、1番売れ筋らしい「幕の内」。
この幕の内が酷すぎでした。
ただ濃すぎる煮物に玉子焼きに、めちゃバサバサの焼魚などなど。

酒が切れたので車内販売で求めたら、なんと1000円。
1合で1,000円なんて飲み屋じゃあるまいし、ボッタクリだろって感じです。
4時間も乗って、良い感じに飲んだらいくらになるのでしょう。

通路を挟んだ反対の席は親子旅。
お弁当開いて茶飲んだら娘はスマホで親は読書~昼寝
コレが財布に体にも1番良いのかも知れませんね。
もっとユックリ? (ヒゲ)
2017-03-22 15:18:22
わあ、今や4時間で着くのですね。ヒゲ的には、飲むヒマが無いじゃん、笑。六盛の丸弁当?って、手桶弁当のお土産用でしょうか。それにしても、肴だけでもリッチなもんですネ。更に割り水焼酎ボトルなんて、ヒゲだったら大宴会、笑。「そこのネエちゃん、こっちに来て、かたらん!ネ」と言ってしまうかも。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL