CPI GTR のある生活

風の吹くまま、気の向いたときに・・・
あるもので済ます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プラモデル作りに必須マテリアル 「ポリパテ」 の裏技!!

2012年03月17日 | トング 工房
プラモデルに「ご依頼主さま」のお好みや
      「自分の色」をカタチにしようとすると・・・・

    避けて通れないのが「改造」


  カッターでの切った貼った、
     ニッパーでの曲げた毟った!
         色々な「技」はあるのですが・・・・


    基本は、「盛り」と「削り」!


「削り」は、ご想像通り・・・・
    ヤスリや
     ヤスリのメンテナンス! 目を立て直す!
    大規模な場合は
       電動工具のリューターを
自分の用途に合った「工具」選びが長持ち! 模型に最適な リューター(ルーター) 探し!

         使うのですが・・・・


「盛り」の方は、モデラーさんの好みで
           かなり変わります。

   トングの場合は、出来る限り「プラ板」。

      「箱組み」にして空中にすれば
         軽量になって、バランスを崩さないのが理由。

   肉抜き穴も、極力プラ材のハギレで埋めます。

       これは、性質の近い素材を使う事で
          ご依頼主さまのお手元に届いた後
               少しでも経年劣化を遅らせる為!

  ところが!
 
    こういう複雑な形状は・・・・
        どうしてもパテが必要になります。

  あと・・・・パーツを無くした時とか?
        「型想い」 お手軽 パーツの再生 で ゴミ を 減らす

             ・・・・・これは全然、自慢には・・・・
                       ならないなぁ〜〜〜


あっ!、でもでも!!、今日の「技」は
      モデラーさんなら「活用の幅」が広いかと・・・・

  パテは大雑把に「3系統」
     エポキシ系パテ、
       ポリエステルパテ、
           ラッカーパテ


  現在主流は、主剤に硬化剤を混ぜて
     「化学反応」で固める「ポリエステルパテ」。
          車の大まかな板金に使ってるのもコレ。
       
                「余分に盛って」削るタイプ。

     もちろん、膨大な粉塵ゴミが出ます。


ここで、発想の転換!
     このゴミ再利用しましょう!
        方法は簡単

      「純粋な削りカス」のみ集めます。


     トングは、他のゴミと混ざらないように
            豆腐の空きパックを使います

それを、空き瓶に貯めて置く!


     はい!、これでゴミが
           貴重な「マテリアル」に大変身!


ポリパテの欠点に
   「盛り上げの限界」があります。

     そんな時!、いつものポリパテ配合時に
         この粉を、ぱら〜ぱら〜ぱら〜〜〜〜



    あ〜〜〜〜ら!、不思議、
         かなりの盛り上げが可能に!!

 しかも、全く同質の
      キメの細かいパウダーなので
            気泡なども無し!
         
           これは憶測ですが「強度」も強いような・・・・
 
    硬化時間が、短縮されるのも特徴です。
      これは・・・・

       モデラーさんによっては
         デメリットになるかも知れませんが
            そこは、パウダーの配合量で調整可能です。


  で!!、ここからが一番大事!


      完全硬化後、「削る時」・・・・
        また「豆腐の空きパック」で受ければ

            何回でも「再生可能」。 

               そう!、エンドレス!!

 別に「盛り上げ」のみで無くても
       普通にポリパテを使う人でも
           かなりのゴミを減らせます〜〜〜〜


        もちろん!、マテリアル代として
           お財布から出費される「費用」も!!



 トングは「製作依頼」などを
       行わせて頂いている
          365日模型バカ!!ですが

     人様より「大きな力」を使っています。
    
            ソコには、責任があると考えています。
現実的に可能なエコドライブ・シリーズを考える! 見極める選択・企業 営業車の責任


     小さい・・・・、本当に小さい「技」ですが
         
     一人でも、「試してみよう」って
         思って頂けるモデラーさんが現れれば・・・・

                 とてもうれしいです。       

      
blogram投票ボタン


同じブログラムからポチリして頂ければ、必ず拝見させて頂きます。


にほんブログ村 バイクブログ 輸入車・外車バイクへ


人気ブログランキングへ


日記@BlogRanking

   
ジャンル:
環境
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 一番早い 「春の訪れ」  余震 ... | トップ | 新しい ワイシャツ ・・・・・... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む