フルオーダーブーツ作ってます。 トンリョウ(TongLiao) ワークブーツ バイクブーツ ハーレーダビットソン

ワークブーツができるまでの工程や作るために必要な道具などを紹介します

ブーツのシャフト

2016-10-14 19:22:09 | Boots
あ~~~  見えない・・・・・・・




最近、ミシン針の番手が見ずらくなってきました。





っつーか、ミシン針って細くてピカピカ光ってるから打刻してある数字はとっても見にくいんですよね。








ちなみにミシン針の大きさはこのぐらいです。

全体の大きさでも4cm弱で打刻をしてある部分は2cmないんですよね。




カメラをズームにして撮ってみたんですが、カメラでも上手く撮れません。
(上手だったら撮れるのかしら・・・・・)

昔はけっこうハッキリと見えてたんですが、最近は半分 “勘” です。


しかし、その勘が当たるんですよね。










と、ミシン針の番手と格闘しながらミシンがけをしてます。











トンリョウで製作しているブーツはよく目にするワークブーツと仕立てが違います。






ワークブーツというとアメリカのブランドを参考に作られているものが多いんですが、私はその仕立てがどうも納得のいくものではないのでアメリカのワークブーツを参考にした仕立てとはまるっきり違う仕立てにしています。





そして仕立ての違いが履き心地に大きく影響してると思ってます。




トンリョウのブーツを履いていただくと足を入れた瞬間に違いを感じていただけると思いますし、お越しいただいたお客さまにサンプルブーツを履いていただくと皆さん違いを分かっていただけています。

多少サイズが大きかったり、小さかったりしてもその違いは感じていただけているようです。



嬉しい事ですね。









どう違うかというと・・・・・・




このように違います。

アッパーの革です。

そして、アッパーの革だけです。







そしてライニングです。

ライニングの革だけです。





このアッパーの革とライニングの革を 『上がりミシン』 といって最後にかけるミシンで縫い合わせます。





アメリカ製だったり、アメリカ製を参考に作られているライニング付きのブーツと見比べると分かりますよ。







シャフトだけでなく、アッパー全体の仕立ても違うんですが今回はこれで終わりです。









さあ、早くアッパーを作って吊り込まなくちゃ!!!
































トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 20,000(税込¥21,600) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代   ¥105,000(税込¥113,400)~

詳しくはホームページをご覧ください。


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット1F中央
電 話 : 047(710)6917
U R L :order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※不在の事がありますので先にご連絡をください。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラック交換はラックラク? | トップ | 吊り込みはイッキにいきます! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む