フルオーダーブーツ作ってます。 トンリョウ(TongLiao) ワークブーツ バイクブーツ ハーレーダビットソン

ワークブーツができるまでの工程や作るために必要な道具などを紹介します

徐々にブーツになっていく過程がスキ!

2017-05-28 18:19:31 | Boots
金曜日の夜 放送しているTBSのアナザースカイという番組に長谷川穂積さんが出ていたので見ました。



やっぱり素晴らしい人という事が伝わってきました。



神戸でタイ料理のお店をされているそうなので神戸に行った際にはぜひ行ってみようと思います。












さて工房ではコツコツと作業を進めています。




今回紹介するのは “吊り込み” という作業です。




吊り込みとはアッパーを木型の形に成型する作業のことです。







既製品のほとんどの靴やブーツはこの吊り込みを機械でおこないます。


機械を使うのと手作業でやるのとでは格段に作業時間が違うんですよね。



しかし吊り込みをする機械はけっこう大きい機械なので私の工房にはとても置くスペースはありません。


あとは手作業で吊り込みをするとアッパーの革を的確な方向に引く事ができ、革の伸びている状態を確認しながら作業ができるんです。




なので生産性を考えると断然機械を使用した方が良いのですが手作業にも時間がかかる以上の利点があるんです。









吊り込む前のアッパーはこのようになってます。

つま先を見るとよく分かるんですが真っ直ぐ前に向かってますね。




このアッパーを木型の形にしていくんです。





“仮吊り” と言ってアッパーを仮止めした状態だとこうなります。

つま先の革が下を向きましたが木型の形にはなっていませんね。


仮吊りはあくまで “仮” なのでこのような状態です。






吊り込む前に先芯.月型という芯を甲革とライニングの間に入れていざ吊り込みです。






吊り込みはギャザーがたくさんできるつま先と踵が大変なんですがつま先に先芯を入れて、踵に月型を入れるのでさらに手間がかかります。











吊り込みの作業が終わるとアッパーはこうなります。



吊り込みの作業は革の種類・厚さや木型の形によって作業のしやすさが変わります。


革に厚みがあったり、木型がボリュームのある形だとギャザーを表に出さないようにするのが大変になるんです。




今回の木型はトンリョウでは一番 手に優しい木型なので腕がプルプルすることなく吊り込めました。











こうして少しずつブーツの形になっていくところを確認しながら作業するのはとても楽しいんですよね。




























トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 20,000(税込¥21,600) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代   ¥105,000(税込¥113,400)~

詳しくはホームページをご覧ください。


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット1F中央
電 話 : 047(710)6917
U R L :order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※不在の事がありますので先にご連絡をください。

この記事をはてなブックマークに追加

革の裁断

2017-05-18 17:24:22 | Boots
腰を痛めてから早1ケ月、整体に通ってるんですがやれ骨盤が曲がってるとか肩の関節が硬くなってるだとかあちこち悪いところが見つかり少しずつ治してもらっている今日この頃です。


しかし、施術が終わったあとは施術前と比べて良くなっているのが実感できるので 『さすがプロの人はすごいなぁ・・・・』 なんて感心してます。








工房ではオーダーをいただいているブーツのアッパーに使用する革を裁断しました。






裁断が終わった革を見ると 「この革がブーツになるんだよなぁ~。」 と感じました。





平らな革が立体のブーツになるんです。



あらためて考えてみると 『なかなかおもしろいものを作ってるのかな?』 と思いました。








こちらが今日裁断した革です。

アッパーの表に使用する “甲革” です。


今回紹介するのは東京都にお住まいのSさんからオーダーをいただいたブーツです。


アッパーの革はイタリア製のオイルレザーです。


この革、とてもイイ革なんですよ。

オイルをじゅうぶんに含んでいるので厚みはあるのにしなやかなんです。


色もかなり濃いダークブラウンなので 『黒がいいんですけど』 というお客さまも 『このぐらい濃ければダークブラウンでもいいですよね。』 と言っていただき この革を選んでいただいた方もいらっしゃいます。






そしてトンリョウで製作しているワークブーツに欠かせないのがこちら。
裏革(ライニング用の革)です。

足が接する革ですね。



既製品で販売されているワークブーツはライニングが全面に使用されていないものが多いですし、全面に使用されていてもトンリョウで製作するワークブーツとは仕立てが大きく違うのが特徴です。






この甲革と裏革が立体のブーツになるんです。






完成するとこうなります。

さきほどの甲革と裏革、素材は違いますがデザインは画像のブーツと同じです。





この後、立体のブーツになるまでさまざまな工程を経てブーツが完成します。




どの作業も 『ブーツを作ってるな』 と感じるものです。






“一球入魂” ならぬ “一足入魂” ですかね。(笑)











 


























トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 20,000(税込¥21,600) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代   ¥105,000(税込¥113,400)~

詳しくはホームページをご覧ください。


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット1F中央
電 話 : 047(710)6917
U R L :order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※不在の事がありますので先にご連絡をください。

この記事をはてなブックマークに追加

プレーンブーツは発送になりました。

2017-05-02 18:10:24 | Boots
深田恭子ちゃんみたいな子に 「ヱビスがイイ~!!」 とか言われたら普段はプリン体OFFの
第3のビールを飲んでても奮発してヱビス買っちゃうよなぁ~・・・・・・







とテレビのCMを見ていて感じる今日この頃です。












さて、先日お客さまが完成したブーツを受け取りにお越しになりました。





今回は神奈川県にお住まいのMさんです。





Mさんはバイクに乗られている方で私が高校生の頃から憧れているカワサキにZ1Rというバイクに乗ってるんです。





お越しいただいた当日は電車だったのでバイクを見る事ができなかったのがすごく残念です。









少しお話しをさせていただきフィッテイングです。







履いていただくと・・・・・・・




足が入りません。






履いてからのフィット感を重視したために少しシャフトの下部が細かったようです。






ストレッチャーを使い、シャフトを少し伸ばしたところ、、、、






入りました。



デザインはプレーンのロングブーツでアッパーの革は黒色なんですがコバの生成が良いアクセントになってます。











履いていただいた感想はというと。



「足が押さえられてる感じがします。」 との事でした。

ブーツを履いた状態で足を触らせていただくとアッパーの革の張り具合からいってまずまずの感じでした。

Mさんは普段は一年中サンダルを履いているとの事なので足がサンダルの履き心地に慣れているのかもしれませんね。


靴やブーツは足の場所にもよりますが押さえていないと足が動いてしまい疲れる履き物になってしまうんです。



あとは大きな靴・ブーツを履いていると足がむくむ原因にもなります。









あとMさんから 「(ブーツが)重くない!」 と言っていただけました。





トンリョウのブーツはブーツ自体の重さはそれほど軽いものではないんですが、足に合っている事と重さのバランスがとれているので重く感じないんです。









フィッティングが終わった後、ブーツを脱ぐときも少し大変そうだったので今回はもう少しストレッチャーにかけて足落ちの悪い箇所を広げてから発送させていただく事になりました。






Mさん、お越しいただいたのにその場でお渡しできずに申し訳けありませんでした。




後日、発送させていただきますのでもう少々お待ちください。
















最後にブーツの画像とスペックです。

























スペック




・ 木型    :  TL04 ※お客さまの足に合わせて調整済

・ 製法    :  ハンドソーンウェルト

・ アッパー  :  国産ステア(黒)/ 国産シュリンク(インディゴブルー)

・ ライニング :  素上げステア(ナチュラル)

・ 中底    :  ヌメ革

・ 先芯・月型 :  ヌメ革

・ ミッドソール:  ヌメ革

・ アウトソール・トップリフト : USA製Vibram#700(黒)



















トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 20,000(税込¥21,600) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代   ¥105,000(税込¥113,400)~

詳しくはホームページをご覧ください。


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット1F中央
電 話 : 047(710)6917
U R L :order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※不在の事がありますので先にご連絡をください。

この記事をはてなブックマークに追加

腰、やっちゃいました・・・・・・(汗)

2017-04-27 17:20:52 | その他
久しぶりのブログ更新になります。





実は私、腰 痛めちゃいました。





荷物を置いて 『ふっ』 と振り向いたときに腰に激痛がはしりそのままOUTな感じです。





ときどきお世話になる整形外科に行ってもなかなかよくならないので整骨院にも行き、診てもらつたところ 「足の筋肉がだいぶ落ちてますね。」 と・・・・・・
(思わぬ二次災害です。




通勤もカブくんなのでここのところはあまり歩くことがなかったのが原因でしょうか。








これからは自転車通勤を前向きに検討中です。










今日も整骨院で治療をしてもらい、少し具合がよくなったので工房に来て片付け等をして腰の様子をみてます。











作業が途中になっているものもあるのでボチボチ進めないといけませんね。











みなさんもお身体にはお気を付けくださいな。



















トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 20,000(税込¥21,600) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代   ¥105,000(税込¥113,400)~

詳しくはホームページをご覧ください。


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット1F中央
電 話 : 047(710)6917
U R L :order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※不在の事がありますので先にご連絡をください。

この記事をはてなブックマークに追加

ショートブーツをお渡ししました。

2017-04-11 14:24:49 | Boots
腰が痛い・・・・・・


私は数年前から腰痛を患ってましてときどきなんですが 「腰で工事でもしてるのかな?」 という痛さに見舞われます。




病院に行って診てもらったところ腰の骨に突起のようなものができているそうです。


加齢でできるものらしいんですが、私も若くないという事なんですね。











さてさて、先日お客さまが完成したブーツを受け取りに工房にお越しになりました。




今回お渡ししたのは東京都にお住まいのSさんです。




Sさんは2足目のトンリョウブーツとなります。




Sさんは革製品がお好きな方でその中でも特に靴がお好きなようです。



以前はアメリカ製のワークブーツを数足お持ちだったそうですがトンリョウのブーツを履いていただき 『足に合ったブーツ』 を実感してからはアメリカ製のブーツの出番が少なくなり『さようなら』したものもあるそうです。




Sさんはよく歩く方なので “足に合っている” という事はとても重要な事なんですね。







今回製作したブーツは1足目にお作りしたブーツを確認させていただき、より足に合ったブーツの製作となりました。




Sさんと打ち合わせをしていて 「足が入りずらくてもいいから履いたときにしっかりホールドするブーツがいいですね。」 との要望だったのでそのように型紙を裁ち製作しました。





改善した点の一つにシャフトの太さがあり、なるべくシャフトを細く作る事になったんですが、ブーツが出来上がると 「ん?ちょっと細すぎるかな?」 という感じの仕上がりです。



1足目のブーツを確認して2足目のブーツのシャフトの寸法を細くしたんですが足が入るか心配になるぐらいのバランスだったんです。










工房にお越しいただいた当日、Sさんも完成したブーツを実際に見て 「かなり細くなりましたね。」 と。





心配だった事もありさっそくフィッティングです。









すると・・・・・・・・



















入りました~~





ホッと一息です。











Sさんから 「(1足目と)違うもんですね。かなりいいです。」 と言っていただけました。
(1足目が足に合ってない訳じゃないですよ。)










フィッティングが無事に済んだ後は1足目にお作りしたブーツの中敷きを作りました。



というのも1足目をお作りしたときから足の寸法が右足だけ少し小さくなっていて右足のブーツが少し緩くなってしまっていたんです。




なので右足には少し厚めの中敷きを敷き、左足には見え方が同じようになるように薄い中敷きを作り1足で合わせるようにしました。




Sさんに履いてもらったところ 「よくなりました。これだったら全然履けます。」 との事でした。






1足目、2足目とトンリョウのブーツのフィッティングが済んで気持ちが楽になったところでSさんと靴やその他のお話しをさせていただきました。


 

Sさんはお仕事で東京にお住まいなんですが初めてご連絡をいただいたときは鹿児島県にいらっしゃいました。




その頃、出張で東京に来る事があったときにトンリョウの工房にお越しいただいたんです。




そしてその後、東京でお仕事をする事になり1足目のオーダーをいただく事になったんです。





そのときの話をしていて私が 「ここ(トンリョウ)でオーダーをするめぐり合わせだったんですかね?」 と冗談で言うとSさんも 「そうですよね。初めて来たときは鹿児島でしたからね。『オーダーしても受け取りどうするかな?』と思ってましたから。」 と。





嬉しいご縁です。








“作ったブーツを履いていただく方に直接お会いしてお渡しし、お話しができる” って素晴らしい事です。









Sさんお越しいただきありがとうございました。




なにかありましたらお気軽にご連絡ください。
















最後にブーツの画像とスペックです。






















スペック

・ 木型    :  TL03 ※1足目からさらに調整済

・ 製法    :  ハンドソーンウェルト

・ アッパー  :  イタリア製オイルレザー(黒)

・ ライニング :  素上げステア(ナチュラル)

・ 中底    :  ヌメ革

・ 先芯・月型 :  ヌメ革

・ ミッドソール:  ヌメ革

・ アウトソール・トップリフト : USA製Vibram#700(黒)

























トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 20,000(税込¥21,600) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代   ¥105,000(税込¥113,400)~

詳しくはホームページをご覧ください。


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット1F中央
電 話 : 047(710)6917
U R L :order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※不在の事がありますので先にご連絡をください。

この記事をはてなブックマークに追加