フルオーダーブーツ作ってます。 トンリョウ(TongLiao) ワークブーツ バイクブーツ ハーレーダビットソン

ワークブーツができるまでの工程や作るために必要な道具などを紹介します

ショートブーツをお渡ししました。

2017-04-11 14:24:49 | Boots
腰が痛い・・・・・・


私は数年前から腰痛を患ってましてときどきなんですが 「腰で工事でもしてるのかな?」 という痛さに見舞われます。




病院に行って診てもらったところ腰の骨に突起のようなものができているそうです。


加齢でできるものらしいんですが、私も若くないという事なんですね。











さてさて、先日お客さまが完成したブーツを受け取りに工房にお越しになりました。




今回お渡ししたのは東京都にお住まいのSさんです。




Sさんは2足目のトンリョウブーツとなります。




Sさんは革製品がお好きな方でその中でも特に靴がお好きなようです。



以前はアメリカ製のワークブーツを数足お持ちだったそうですがトンリョウのブーツを履いていただき 『足に合ったブーツ』 を実感してからはアメリカ製のブーツの出番が少なくなり『さようなら』したものもあるそうです。




Sさんはよく歩く方なので “足に合っている” という事はとても重要な事なんですね。







今回製作したブーツは1足目にお作りしたブーツを確認させていただき、より足に合ったブーツの製作となりました。




Sさんと打ち合わせをしていて 「足が入りずらくてもいいから履いたときにしっかりホールドするブーツがいいですね。」 との要望だったのでそのように型紙を裁ち製作しました。





改善した点の一つにシャフトの太さがあり、なるべくシャフトを細く作る事になったんですが、ブーツが出来上がると 「ん?ちょっと細すぎるかな?」 という感じの仕上がりです。



1足目のブーツを確認して2足目のブーツのシャフトの寸法を細くしたんですが足が入るか心配になるぐらいのバランスだったんです。










工房にお越しいただいた当日、Sさんも完成したブーツを実際に見て 「かなり細くなりましたね。」 と。





心配だった事もありさっそくフィッティングです。









すると・・・・・・・・



















入りました~~





ホッと一息です。











Sさんから 「(1足目と)違うもんですね。かなりいいです。」 と言っていただけました。
(1足目が足に合ってない訳じゃないですよ。)










フィッティングが無事に済んだ後は1足目にお作りしたブーツの中敷きを作りました。



というのも1足目をお作りしたときから足の寸法が右足だけ少し小さくなっていて右足のブーツが少し緩くなってしまっていたんです。




なので右足には少し厚めの中敷きを敷き、左足には見え方が同じようになるように薄い中敷きを作り1足で合わせるようにしました。




Sさんに履いてもらったところ 「よくなりました。これだったら全然履けます。」 との事でした。






1足目、2足目とトンリョウのブーツのフィッティングが済んで気持ちが楽になったところでSさんと靴やその他のお話しをさせていただきました。


 

Sさんはお仕事で東京にお住まいなんですが初めてご連絡をいただいたときは鹿児島県にいらっしゃいました。




その頃、出張で東京に来る事があったときにトンリョウの工房にお越しいただいたんです。




そしてその後、東京でお仕事をする事になり1足目のオーダーをいただく事になったんです。





そのときの話をしていて私が 「ここ(トンリョウ)でオーダーをするめぐり合わせだったんですかね?」 と冗談で言うとSさんも 「そうですよね。初めて来たときは鹿児島でしたからね。『オーダーしても受け取りどうするかな?』と思ってましたから。」 と。





嬉しいご縁です。








“作ったブーツを履いていただく方に直接お会いしてお渡しし、お話しができる” って素晴らしい事です。









Sさんお越しいただきありがとうございました。




なにかありましたらお気軽にご連絡ください。
















最後にブーツの画像とスペックです。






















スペック

・ 木型    :  TL03 ※1足目からさらに調整済

・ 製法    :  ハンドソーンウェルト

・ アッパー  :  イタリア製オイルレザー(黒)

・ ライニング :  素上げステア(ナチュラル)

・ 中底    :  ヌメ革

・ 先芯・月型 :  ヌメ革

・ ミッドソール:  ヌメ革

・ アウトソール・トップリフト : USA製Vibram#700(黒)

























トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 20,000(税込¥21,600) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代   ¥105,000(税込¥113,400)~

詳しくはホームページをご覧ください。


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット1F中央
電 話 : 047(710)6917
U R L :order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※不在の事がありますので先にご連絡をください。

この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに会ったショートブーツ

2017-04-06 13:13:15 | Boots
先日、以前ブーツをお作りしたお客さまが工房にお越しになりました。




ブーツをお渡ししたのは2013年の7月なのであと数か月で4年が経とうとしています。





お越しいただいたお客さまは愛知県にお住まいのNさんです。




千葉に用事があり、その帰りに工房に寄っていただきました。







久しぶりに会うNさんは相変わらず “大人” な方でお話しをしていても 『大人だなぁ~』 と感じます。


何が大人なのかは上手く伝えられないんですが、 『俺もこういう物腰の大人になりたい』 と思う方なんです。
(まぁなれる気がしませんけど・・・・・・











お越しいただいてブーツの状態を確認させていただいたところ・・・・・・


良い状態でした。



ライニングの色といい、アッパーの革の柔らかさといい まだまだこれから履き続けられる状態です。








こちらがNさんのブーツです。



履きジワも入りだいぶん馴染んでますね。



アッパーの革も湿り過ぎでもなく、パサついていることもないのでお手入れが適度にされている状態ですね。




でも、せっかくお越しいただいたのでメンテナンスをさせていただきました。






まずは汚れ落とし用のクリーナーでアッパーの汚れを落とし、アッパーの表面が擦れている部分に黒の靴クリームを塗りました。







お手入れをさせていただいた状態がこちら。



あんまり変わらない・・・・・・・・


つまり 『キチンとお手入れされていた』 という事ですね。



つま先の色ハゲが黒の靴クリームを塗ることで良くなっているぐらいですかね。














Nさん、お越しいただきありがとうございました。




またこちら方面にお越しの際は工房にお立ち寄りください。





















トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 20,000(税込¥21,600) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代   ¥105,000(税込¥113,400)~

詳しくはホームページをご覧ください。


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット1F中央
電 話 : 047(710)6917
U R L :order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※不在の事がありますので先にご連絡をください。

この記事をはてなブックマークに追加

パテ盛って削ってあちこちから見て・・・・・

2017-04-01 18:38:59 | その他
工房ではブーツ作りが一段落したので途中でストップしていた作業を進めました。





その作業は・・・・・・・・








モデル木型の調整です。








しばらく前に着手したんですが、なかなか時間のかかる作業で、パテが無くなってしまった事もあり途中でストップしていました。








しかもパテって削ると細かい粉になるので工房がとっても汚れるんですよね。




なんでブーツ作りの作業中はあんまりやりたくない作業なんです。











ではモデル木型の調整をしますね。







パテを盛った木型はこうなってます。

もう少しパテを上手に盛ることができると削るのも楽なんですけどね。




パテが波打ってる箇所を木型のラインを見ながら削ります。

まずは荒めのヤスリで 『ゴシゴシ!!』 と。





その後、目の細かいヤスリで削るんですけど作業に没頭するあまり写真を撮り忘れました。








目の細かいヤスリで削ったあとは上から下から、横から、前から後ろから・・・・・・ 



と、それはもうあちこちから舐め回すように木型のラインを確認します。






そして肉付きの足りない箇所にはまたパテを盛ります。

この状態から削ればバッチリなモデル木型ができる予定です。





でも予定は未定・・・・・・







カッコいいモデル木型ができますように!!!



























トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 20,000(税込¥21,600) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代   ¥105,000(税込¥113,400)~

詳しくはホームページをご覧ください。


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット1F中央
電 話 : 047(710)6917
U R L :order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※不在の事がありますので先にご連絡をください。

この記事をはてなブックマークに追加

ヒール

2017-03-26 17:20:52 | Boots
ビックリ。


ボクサーの長谷川穂積選手が昨年引退してました。




すばらしいボクサーだっただけにもう試合を見ることができないのが少し残念ですが今まで見ごたえのある試合を見せてくれた事に感謝です。










さて、工房ではオーダーをいただいているブーツがそろそろ大詰めを迎えています。







トンリョウで製作するブーツはお客さまと一緒に仕様を決めていくんですがその中の一つがヒールです。





ヒールにも形状があり、全体的なバランスやお客さまの好みに合わせて加工します。






今回製作中のブーツはヒールの仕様が違うのでご紹介します。







まずは神奈川県にお住まいのMさんからオーダーをいただいているブーツのヒールです。

こちらはストレートのヒールにするため積み上げたヒールの革が上から下まで同じ大きさになってます。






もう1足は東京都にお住まいのSさんからオーダーをいただいているブーツです。

Sさんのブーツはアールを付けたテーパードのヒールなので積み上げたヒールの革が上と下で大きさが違います。







これから削って形を整えるためヒールを取り付けたときはこのような状態になってます。







削るときも粗削りをしておおよその形に整えたあと番手の細かいペーパーで仕上げます。





粗削りをした状態がこちらです。

Mさんのブーツ。

ヒールが真っ直ぐですね。



ちなみに私のエンジニアブーツもこの仕様で作っています。



このヒールにするとスッキリした印象のブーツに仕上がります。






そしてSさんのブーツがこちら。

アール付きのテーパードです。

我ながら良いラインに削れたと思います。























そしてこの2足、もう一か所違うところがあります。





それはココ。

こちらはSさんのブーツです。
ヒールの “アゴ” と言って土踏まず側にアールが付いています。

基本的に紳士靴はこの形のヒールが多いですね。



トンリョウでも通常はこの仕様で製作しています。










そしてもう一つはこちら。

こちらはMさんのブーツ。


Mさんはバイク乗りの方なのでこのような仕様になっています。



バイクのステップにブーツが乗ったときに少しでもつま先が前に行くようにするためとアゴ部分にアールが付いていない分、若干ですがアゴ部分の削れかたが少なく済みます。



ビブラムのヒールは元々アールが付いている状態なのでアゴ部分を削って直線にしています。








細かい部分なんですがここも 『お客さま仕様』 なんですね。












































トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 20,000(税込¥21,600) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代   ¥105,000(税込¥113,400)~

詳しくはホームページをご覧ください。


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット1F中央
電 話 : 047(710)6917
U R L :order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※不在の事がありますので先にご連絡をください。

この記事をはてなブックマークに追加

ハンドソーンウェルト

2017-03-16 16:51:06 | Boots
少しずつ暖かくなってきてますね~。



寒い冬もキライじゃありませんがやっぱり暖かくなると 『どこか行きたいなぁ・・・・・』 と思う事が増えませんか?






まぁ、私のバイクは修理しないといけない箇所があるので修理後になっちゃいますけどね。











さて工房ではオーダーをいただいたブーツのすくい縫いをしました。






トンリョウで製作しているブーツ達は “ハンドソーンウェルト” という製法で作ってるんですが、この製法の名前となっているのが “すくい縫い” なんです。



ウェルトを手作業で縫うからハンドソーンウェルトなんですね。









このブログでは何度か記事にしているんですが改めてしますね。








まずは中底に作った突起の内側からすくい針を刺します。

すくい針を中底・アッパー・ウェルトを貫通するように刺して穴を開けます。


ハンドソーンウェルト製法やグッドイヤーウェルト製法が何度も修理して履き続ける事ができるのはこのすくい縫いおかげですね。


すくい縫いは最小限の穴だけをアッパーに開けるだけなのでアッパーの傷みが少なくなるんです。


『足に馴染んだブーツを履き続けたい』 という方にはこの製法が適してると思います。






少し話しが逸れましたがすくい針を刺した後は麻糸を内側と外側から通します。

麻糸を通したら両手で 『ギュ~~っ!!!』 と締めます。


この作業を踵周り以外におこないます。







そしてすくい縫いが終わるとこのようになります。

ここまで作業が進むとだいぶんブーツらしくなりますよね。








さあ、この後は底廻りの製作です。





カッコいいブーツができますように!!



















トンリョウではお客様の足を採寸し、履き心地はもちろん、デザインや仕様まで対応してお作りします。

興味のある方・ご質問のある方はお気軽にご連絡ください。



価格 : ラスト(木型)代  ¥ 20,000(税込¥21,600) ※初回のご注文の場合は必要になります。
      ブーツ代   ¥105,000(税込¥113,400)~

詳しくはホームページをご覧ください。


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Tong Liao (トンリョウ)
〒270‐2212
     千葉県松戸市五香南2‐31‐5元山マーケット1F中央
電 話 : 047(710)6917
U R L :order-boots.com
E mail : boots.tongliao@gmail.com
時 間 : 10:00~20:00
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※不在の事がありますので先にご連絡をください。

この記事をはてなブックマークに追加