「大学ラグビー考」

関東大学リーグ戦を中心に、「大学ラグビー考」気の向くまま書いて見ます。H.Nakamoto

対関東学院大戦快勝

2016-09-18 19:22:56 | 大学ラグビー

異彩放つ小山選手、前・後半のトライ光る


 

雨の中、濡れた芝に足を取られ、走りにくそうでした。関東学院のスピードのあるプレーは見事でした。先週の浜川でも東海大を向こうに回すいいプレーを随所で見せていましたから、それほど驚きはしませんでしたが、関東学院の黄金時代を彷彿させるいいプレーがいくつもありました。

しかし、今季の大東大には、それを上回る力強さ、トライを取り切るときの上手さが光っていました。中でも光ったプレーは、異彩を放っ鬼才小山の見せてくれた一瞬の早業、まさに業師ならではの凄さでした。前・後半一つずつ披露してくれた「小山プレー」、今日は本当に得した気分になりました。

もうひとつ、ノーサイドぎりぎりで見せてくれたサウマキの40点目を決めたトライ、サウマキであれば驚くほどではないのですが、その後のプレー、相当の角度のあるコンバージョンを見事に決めてくれたのには驚きました。大東ファンのスタンド側から一斉に拍手が起こりました。

サウマキがコンバージョンを決めるのは、正面が多いのですが、大道選手が菊池選手と、ラトゥ・クルーガー選手も交代していましたので、キャプテンの指示があったんでしょう、実にいい感じで42点目をゲットしたゴールキックで、ゲームを締めくくってくれました。

第2戦とあって、先週の法大戦の時より落ち着いたプレーが見られ、ホットして帰途につきました。

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Jr.戦観戦 | トップ | 日大の当たりも強烈 »

コメントを投稿

大学ラグビー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。