「大学ラグビー考」

関東大学リーグ戦を中心に、「大学ラグビー考」気の向くまま書いて見ます。H.Nakamoto

いよいよ春季大会

2017-04-21 19:45:00 | 大学ラグビー

いよいよ春季大会、関心は新メンバーですね

 

 昨季は、監督が何も言わなくとも選手自身でゲームが作れていたと思います。BK陣の攻撃力を中心に、FWがしっかりディフェンスしていけばリーグ戦では大きく点差を開かれるような展開にはならなかったと思います。

 昨季の流経大戦はディフェンスで勝利したものと思いますし、東海大戦も負けましたが後半40分を77で切り抜けた守りは評価に値するものがありました。しかも、これら二つの試合を川向、アマト、タラウの3人抜きで、11敗で切り抜けたのは大きかったと思います。

 今季はWTBのサウマキ、CTBの戸室、FBの大道らのトライゲッターが抜け、そして何といってもゲームを作れる小山、川向のハーフバック陣の穴は大きいです。それも大学ラグビーの宿命のようなもので、そこをどう刷新するか考えるのが指導陣であり、知恵の見せどころでしょう。秋のシーズンを期待しています。

 先ず、新チームはフロントローに注目したいですね。とくにHOに誰が起用されるか、平田選手か、それとも新しくコンバートがあるのか、どうか。セカンドロー(LO)もタラウともう一人は?SH,SOのハーフバック陣に1年生の起用があるのか注目です。

 No.8にアマトを定着させるのかどうか、そしてサウマキの後釜、NZのウェズレイ・カレッジから来日したトンガのシオペ・タヴォロロ選手、この期待のアウトサイドBKを、実際にWTBで使うのか、CTBで使うのか、身長189センチ、体重100キロと恵まれており、加えてスピードも魅力となれば、またまたポジション争いが激しくなりそうですね。リザーブからスタートですかね?

 早大戦のメンバー発表がますます楽しみになります。

 

ジャンル:
ラグビー
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セブンズ大会を振り返って | トップ | メンバー見ました »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
始まりますね! (ゼミOB中山)
2017-04-22 18:55:22
いよいよ春季大会緒戦ですね。
今季のキーパーソンズは何と言ってもファカタヴァ兄弟ではないでしょうか。正直、昨年度は本人達も不完全燃焼だったと思います。彼らももう3年生、核弾頭として、チームを推進していってほしいです。
BKはチームの顔だった大駒が卒業した事もあり、ちょっと心配な面もありますが、新たなメンバーの成長・台頭も楽しみであると思います。 春の実戦〜夏にかけて、チームコミュニケーションをどれだけ強固に出来るかも重要なポイントになりそうですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。