「大学ラグビー考」

関東大学リーグ戦を中心に、「大学ラグビー考」気の向くまま書いて見ます。H.Nakamoto

スクラム強いが勝てず

2017-06-18 19:27:23 | 大学ラグビー

A、スクラムでは圧倒、しかし勝利は成らず残念

 

  春の大会も最終戦、東海大のグラウンドまで出かけました。上尾からは遠かったですが、もしや、と期待もありました。が、結果は14-24で負けました。残念でした。東海大は、最近では毎年のように大学選手権決勝の常連ですし、容易に勝てる相手ではないことも知らされた試合でした。しかし、大東大のFWは、試合するごとに強くなっている感じです。それは頼もしかったです。

  今日の大東大のスクラムの強さ、それは半端ではなかったように思いました。東海大のスクラムをめくりあげ、二度、三度と東海がコラプシングを取られるシーンがありました。東海大の応援席の中からは、ため息が漏れるシーンが何度もありました。

  前半40分、スクラムの強さをいかんなく発揮した大東大、先制のトライを奪って優勢に試合を進めたのですが、後半は東海大がFW戦を避ける戦法に出て来ました。マイボールにするや徹底して大東大域内に深く蹴り込んではBK陣を走らせ、大東大陣内に攻め込む戦術に切り替えてきました。その結果、大東大は3連続トライを奪われてしまい、午前中とは、完全に形勢は逆転してしまいました。

  FWの戦力は、互角だったと思いますし、スクラムの強さは大東大がはるかに勝っていたのですが、スピードと走力そして集散の速さでは東海のFWはBK並みだったと思います。大東大の2つのトライは、アマトとタラウによるもので、BK陣が走り切るシーンが見られなかったのは残念でした。東海、帝京、そして明治を倒すには、まだまだ厳しい練習を積まなければならないでしょう。きっとその日は来ます。

  秋のリーグ戦までにどこをどう修正するのか、コーチ陣にも大きな宿題を課せられた試合だったと言えそうです。

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明大戦を振り返って | トップ | アマト・中川で3トライ »

コメントを投稿

大学ラグビー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。