★ L (スペースエル) 人の全体と向き合うボディセラピー 淡路島の東浦、目の前に海が広がるサロンで活動中

このブログを見つけてくださってありがとうございます。
わたしたちを巡り合わせてくれたすべてに感謝致します。

渡辺うめさん作品展

2016-10-12 23:32:00 | 日記

故・渡辺うめさん(享年 107歳)の人形展にて。旦那さんと長女と孫。

お客様から情報をいただき、早速行って参りました。
日本の農村風景を、手作りの人形で表現した渡辺うめさんの作品展。

それはそれは細かい工作で、どれを見ても感嘆の吐息しか出ません。
人形の存在感はとてもあたたかく、
うめさんの体温を、そのまんま引き継いでいるかのよう。

作品を眺めていると、時が止まります。
これを手掛けている間のうめさんはきっと
時間という制限を超えていたのでしょう。
そのうめさんの状態がシンクロしてくるようでした。



わたしの実家は兼業農家なので、しょっちゅう山畑や川畑に駆り出され、
農作業に明け暮れていました。
とはいえ、うめさんよりずっと後の世代なので、見たことない農機具もあり、
懐かしいというよりは、「日本昔ばなし」 を連想しながらの鑑賞となりました。

ほんの数十センチ四方におさまる小さな世界から、
人の話し声や虫や牛の鳴き声、風や川の音が聞こえてきそうなほど、
当時の空気感がひしひしと感じられました。



会場では、生前のうめさんのビデオが流れており、
ペンチや棒を使って、人形や農機具を器用に作り上げるお姿が放映されていました。

「渡辺うめ人形展 ~あぜみちの詩~ 」
会 場: 淡路夢舞台 展望テラス3階「淡路夢工房」
日 時: 10月8日(土)~11月6日(日)
時 間: 10:00~17:00
入場料: 300円 ※中学生以下無料


淡路夢舞台は安藤忠雄さんの設計ということで、
海外からも多くの観光者が訪れます。
ウェスティン・ホテルも併設されており、
ショップやレストランはじめ植物館や広い野外公園もあり、
憩いの場としてゆっくり過ごせる場所です。

今月はアートサーカスという、世界じゅうのパフォーマーさんが
会場狭しとパフォーマンスを繰り広げるイベントも開催されています。
10月いっぱい開催とのこと。


ロシアンな女性パフォーマーさんによるパントマイム・ショー。

淡路夢舞台は、高速バスも路線バスも停車します。
「淡路夢舞台前」という停留所です。

ここでひとつ、注意事項があります。
島外から高速バスで ★ L にお越しになるお客様へ。
高速バスは、島から島外、あるいは島外から島へ渡る人しか乗車できませんので、
「淡路夢舞台前」 と 「東浦BT」 の行き来のために乗車することは出来ません。

「淡路夢舞台前」と「東浦BT」を行き来する路線バスもあるにはあるのですが、
わたしは一度も利用したことがないので勝手がよく分かりません。
サロンの利用ついでに淡路夢舞台に寄りたいというお客様は車で送迎しますので、
遠慮なく仰ってくださいね。



一応、路線バスも記しておきます。

●東浦BT から淡路夢舞台へ向かう場合は、淡路交通バス・縦貫線上り
●淡路夢舞台から東浦BT へ向かう場合は、淡路交通バス・縦貫線下り
運賃は 240円です。

上記の路線バスの他に、淡路市内をループしているあわ神あわ姫というバスもあります。
ただし、こちらは一回の乗車賃が 500円です。
淡路市内を車窓から眺めつつ一周してみたいという方向きです。

●東浦BT から淡路夢舞台へ向かう場合は、西回り・あわ姫号へご乗車ください。
●淡路夢舞台から東浦BT へ向かう場合は、東回り・あわ神号へご乗車ください。


----- ★ L からのお知らせ -----

サロンの予約状況
2016年 10月 
2016年 11月 
2016年 12月分のご予約は、2016年 11月 1日(火) 朝 7:00 から、
お電話またはインターネット予約にて承ります。

サロンの予約は、毎月 1日の朝 7:00 から、
お電話またはインターネット予約にて承っております。

★ L のホームページ
★ L へのアクセス
★ L 周辺の案内
神戸の JR三宮駅から高速バスを利用して ★ L まで行く

電話 090-8936-2820
メール spacel-135@tamanote.com
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャンセル情報 | トップ | 12月の予約について »
最近の画像もっと見る

あわせて読む