鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

(続)男の病  その7 術前検査;膀胱鏡

2016年10月19日 00時51分51秒 | 健康ネタ


花梨と柘榴

尿道から入れる内視鏡の膀胱鏡検査。
このような姿勢で検査を受けてもらいます・・と図を示されながら説明を受けていたので気が重かった。
出産台みたいなもの。
林家三平(正蔵)の娘が離婚騒動の時に沽券(こけん)を股間と言い換えて、『女の股間に関わることだから』と言って、周りをケムに巻いて面白がっていたのを思いだす。
プラプラプライドを捨てて男の沽券は何処へやら行ったのだけれど、デリケートゾーンにつき具体的描写は差し控えたい。
実際の内視鏡挿入はカーテンの向こうで医師がやり、前後の処置はマスクをしていても美人とわかる看護師がやってくれた。
どういう因果で泌尿器科になんかに回されて、何が悲しゅうてそんなことをしてるんだい・・と聞きたくなったりはしなかったけれど、粛々と事は行われたのでありました。
ここが一番気持ち悪いですよ~と医師が言う場所、前立腺部分を通過する時は、本当に何とも言えない気持ち悪さの奇妙な不快感。
モニターが見られるようになっているので、自分のモノを観ながら説明を受ける。
わたしの膀胱はシワシワで血管が浮きでていた。
画像を何枚か撮っていたけれど、後からの説明では異常なしということだった。
これから以後は、自分の膀胱を想いながらおしっこすることになるのか。
     つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (続)男の病  その6 術... | トップ | 花梨の蜂蜜漬け »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sukebo)
2016-10-19 21:55:22
「面白い」不謹慎ですが、ごめんなさい!おもしろい。
前立腺だと尿道からも侵入するのですか・・・男の場合はもう侵入口がありません。
手術(施術・史実・しゅじゅつ、なんですね)のメスは何処から入るのでしょう・・・?
尿道って、そんなに広いんですか・・・?
ノーベル賞の「ボブディラン」の forever young を日本在住のアーサー・ビナード
(詩人・翻訳家)が永遠の若さ?を 「はじまりの日」と訳していた絵本が売れているそうです。
「すていやんぐ!」はどうなるのでしょうか?「ちばりよ~!」・・・ボクはそんなつもりです。
「ぽっくりと逝きたいくせに医者通い」というシルバー川柳を見つけました。
笑ってください。
sukeboさんへ (とんび)
2016-10-20 00:12:30
>尿道って、そんなに広いんですか・・・?

内視鏡カメラって、そんなに小さくなったんですか!?って言って頂きたいです。

実際のシーンはカーテンの向こうなので見られなかったんです。
カーテンがなければ、つぶさに観察できたのに残念でしたが、目が合ったらバツが悪いんでしょうね?!

>メスは何処から入るのでしょう・・・?

この後のブログに書きますが、5箇所に穴を開けるそうです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。