鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

退院その後、予後、余談  その23 蓄尿の進歩⑬

2017年06月14日 03時20分03秒 | 健康ネタ


3ヶ月点検でもなく、3ヶ月検診でもなく、3ヶ月ぶりの指定日通院(血液検査と問診)に行ってきた。
画像は図書コーナーの本棚上に置かれた擬木盆栽。
悪趣味のような気がする。
擬木のようになってでも盆栽のようにでも生きよ・・というのか!?
これが医術の目指す象徴なのか。
などと、病気になってからは、すっかり世の中を斜に見て拗ねてしまう。
病気になる前からそうだったけれど・・・。

普通に歩くくらいでは漏れなくなったと医師に伝えた。
紙パンツも卒業し、普通に2~3時間置きにトイレに行ってもパッドに丸くちょっと漏れているだけと、術後6ヶ月の良好経過報告ができた。
『良くなってますよ』と医師は言う。
(それは自分が一番わかってるっちゅうの!)
330ccまで溜められたと言ったら、それは多過ぎと苦笑気味。
じつは私はおしっこをたくさん溜められるのが一つの自慢だった(昨日は370ccを記録したが目標は500cc)。
『PSA値は計測限界以下の0.008未満ですし、今までの薬はこのまま飲み続けてください』と最後に言われ又3ヶ月後に・・ということになった。
9月には『パッドは持ち歩いているがお守り代わり』位のことを言いたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アレチハナガサ蔓延る;要注... | トップ | エア・バッグのリコール »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-14 14:07:14
ボクたちの身体は国家や医者が作ったのではなく父と母が創ったのです。
海洋で遭難して助けられた人が「人間てなかなか死なない者だなーと思った」とニュースが伝えていた。
身体に助けられながらも、心は身体に何を提供して「感謝」を共有して生きていくか?・・・問題の多いこの世です。

46年前は立身便んの生が頭脳を包囲していて、「ストリップ劇場」がたけしなんかが話に出すけど、其処が我らの青春。
今はSNS がTVが、人のやる気。
正義。興味。を握っている。のは「誰だ!」
ごめん!  呑んでます!
sukeboさんへ (とんび)
2017-06-14 15:15:15
呑んで哲学するのは、意味がありましょうか!?

酔いが手伝って、不意にナイス・アイディアが湧きますか!?
自動筆記のようにキーボードに向かって打ちまくってください。
アルコールが抜け、太田胃散で吐き気も治まり、野菜スープも食べてからアルコール抜きで読み返し、これと思うのがあったら、それを基にもう一度哲学して発信してくださいな。
期待しています。
呑んでしまったのなら、それを期待するしかありませんから・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。