鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

ヒメスズメバチの飼育 30日目

2016年10月16日 08時54分08秒 | 


オス蜂は営巣時期の〆として新女王と同時期に生まれる。
巣から独立し外を徘徊し秋のある日、たぶん他所で生まれた新女王と出逢い交尾する。
精子は精嚢ごと女王の体内に取り込まれて、短い一生を終えるのだそうだ。
女王は一匹のオスとしか交尾しないということは、一匹で十分な精子が得られるということだし、あぶれるオスもでて来るだろうということは、女王も同じか。
捕まえた時に針を出し入れしていたので、メスに違いない我がヒメは新女王で交尾後であって欲しい。
未婚か既婚か知る方法はないだろうか。
これを捕まえた同じ場所にヒメスズメバチと思われる蜂が来たのだが、獲り損ねてしまった。
同居させたらどうなるかを見たかったのに残念でたまらない。
もしかしたら婿さんを紹介できたかもしれないのに。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒメスズメバチの飼育 29日目 | トップ | (続)男の病 その5 屋上... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sukebo)
2016-10-17 17:01:02
メタボのボクはスズメバチの腰のくびれに、敗北感を知ります。

亀も一度の交尾で数回の卵を産むと読んだけど、有精無性卵か?
ニワトリと同じか?

女王蜂は一回の交尾で一日中、一年中
営巣に卵を産み続けるのでしょうか?
・・・♪不思議・・・(桃色吐息より)
sukeboさんへ (とんび)
2016-10-17 17:33:16
>女王蜂は一回の交尾で一日中、一年中

それぞれの蜂によって、全然違うみたいです。
社会性を持つのは、なんたってミツバチ、そうしてスズメバチ、アシナガバチ。

まだまだ、わたしとてブログに書きながら勉強中、吸収中です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。