鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

退院その後、予後、余談  その8 飲み合わせ 

2017年01月30日 19時20分40秒 | 健康ネタ

病院の壁に掛けられていた、林茂守【静座】

予約していた診察に行ってきた。
血液検査と尿検査をやってから診察。
血液のデータからは、恥骨の炎症はほぼ治っているとのこと。
尿検査は、溜めることのできない状態なのでトイレにこもり、なんとか垂れてくる雫と絞りだした分で提出。
本来は100cc採尿するようにと手引きに書いてあったが、検査内容によっては少なくてもできるので提出時に申告するようにとあった。
前々回の時に12ccあれば検査できると泌尿器科のナースから聞いていたので心配もしつつ提出したら、あっさり『だいじょうぶですよ』と言われて一安心。
尿の数値もだいたい良さそうということらしい。

実際の私の状態は、杖をつかなくても歩けるようになったものの急ぎ足はできないし、ひねると痛い。
恥骨の痛みは確かにほぼ治ったが、右側に少し残っている。
恥骨以外にも下腹部がときどき痛むので、痛み止めも1日に2錠ほど呑んでいる。
蓄尿はまだほとんどできない。
1回だけ必死にこらえつつトイレに行って140cc採れたことがある。
『オー』と思ったが、それ1回きりだった。
私にすれば、ほぼ順調に痛みがなくなってきたのだから、痛みが消えるまで抗生剤は続けたい。
『抗生物質をあまり続けると耐性菌ができると困る。あと1週間分なら処方できます』ということで、続けることにしてもらった。
抗生剤の服用をやめた後で、今度は尿漏れを改善させる薬を処方するという。
抗生剤と尿漏れ改善薬は同時に服用できないそうだ。
飲みあわせが悪いのか。

次の診察は3週間後。
3週間分以上のパンツとパッドは用意した。
骨盤底筋体操をやっても痛くない状態になるのは、おそらく1週間ほど後。
奇跡的回復が起きるのかどうか、楽しみが待っている・・・かも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラッグ・ストアにハマる ② | トップ | amazonでお買い物 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シンガー)
2017-01-31 15:40:04
手術さえをすれば簡単に治って社会復帰出来ると安易な考えを捨てなければいけませんね!
皆さん術後もそれなりに苦労をなさっているんですね!
実は私も現在手術こそしていませんが、杖を必要としてる暮らしです。
病院でレントゲンを撮って診てもらったところ『腰椎分離症や脊椎すべり症』とのこと
5歩歩くのがやっとで寝るのも姿勢によっては痛みが走り寝れません。
これから先どうなるかトンビさんみたいに自分の観察でもしていきましょうかね~^ ^
シンガーさんへ (とんび)
2017-01-31 16:38:17
何と、元気な姿しか思い浮かばないシンガーさんが、そんなことになっているとは・・・。
脊椎すべり症の人を何人か知っています。
一番若い人は50代ですが、小さく折りたためる杖を持っていて、パラパラっと杖にして立ち上がった時には、不謹慎ながらカッケーと思いました。
椎間板ヘルニアも私は何度かやりましたが、腰と骨盤は大事ですよね〜
だいじというよりおおごと。

自分の身体は生まれた時からのオモチャです。
仕方なしの面もありますが、観察したり工夫したり一喜一憂したりして付き合っていくしかないですね!?
おだいじに!!

コメントを投稿

健康ネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。