鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

独りの朝食 その2

2016年11月26日 00時56分00秒 | 食べ方




4日目の朝は、白菜をゴロンと一つもらったので豚肉とで調理してみた。
初めて作ってみて、入れたものの過不足と時間の加減すべて上手くいってないことが分かる。
失敗からしか学べないのが人の常、そのうち上手くいくようになるだろう。
むせるほどに酸っぱかったけれど、肉はまぁまぁだったので何とか完食できた。
味噌汁は前日夕飯の残りで、エノキとモヤシとあぶらげ。
黄色いのはナマスウリの酢の物で、サトイモの煮物とともに幼馴染の差し入れ。

5日目の朝は、豆腐とシメジの味噌汁を作っただけ。
煮物は見た目それほどではないけれど絶品の味でこれも幼馴染の作。
その上の漬物のような煮物のようなものは、畑でいろいろ作っていて特に生姜を作るのが得意でよくくれる同級生の作。
生姜のスライスと紫蘇の柴漬け入り。
生姜を食べて寒さを凌げという配慮だろうけれど、一度にそれほどたくさん食えるものではないから毎日毎食食べることになる。


追記;日にちを間違えていたので訂正。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀杏拾い | トップ | 独りの朝食 その3 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sukebo)
2016-11-27 20:57:29
「ちょんがー」の先輩からすると、
お皿が多いです。

お皿を洗いながら、食べてくれた人の言葉やあの時の場面を再生します。

テーマを決めて写真を撮ろうと決めて、自分の朝昼晩の飯を撮っている友人がいました。先輩が「彼は悩み悩んで、究極が食事の風景だったんだ」と解説していました。

たかが、数千回、数万回、数十万回、数百万回、数千万回、・・・次は?
46億年とかの物差しからは、我々の日常は「刹那だ」。
・・・多分「刹那」を言いたいのでしょう、このボク。

食事は大切だ!
sukeboさんへ (とんび)
2016-11-27 21:20:31
>自分の朝昼晩の飯を撮っている友人がいました

朝昼晩はすごく根気がいるでしょうね。
私は今回、朝食だけを撮ることにしました。
おかずはちょっとずつしか食べなくても、全部並べます。
映画で見る米軍兵士の食事みたいなお盆に全部載せて食べ切りの感じにはしたくないんです。
箸を持って行きながら自分で適量を判断してつまむのが好みです。
そうしてついつい毎食腹一杯食べてしまうので、帰ってから体重計に乗るのが、ちとおぞましい。

コメントを投稿

食べ方」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。