鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

紫陽花の葉化途中

2017年07月13日 00時55分00秒 | 身の周りの植物


ウチの日陰モノの紫陽花は毎年、1つ2つの大輪の花をつける。
午前中の数時間しか陽が当たらない。
隣との狭い隙間なので必要以上に刈り込む。
そんなわけで花の数は少ないのだが、それだからこその大輪になる。
そうして必ず花は普通の紫陽花のように茶色に枯れず、緑色になって永らえる。
きれいな青の時には撮らないでしまったけれど、この中間色の淡い色合いだって捨てがたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水苔は復活するのか? | トップ | 枝豆の発芽率 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sukebo)
2017-07-13 21:38:03
土壌の酸性アルカリ性で花が青か赤かが決まると読みました。
ウチの一鉢も
西日をあてるなと、読み「紫陽花寺」って
どんなだったと、南天のようにたくましく
育ってほしいと思っています。
花の色はさておき、大きな葉っぱも美しい・・・

sukeboさんへ (とんび)
2017-07-13 23:59:52
>ウチの一鉢も

鉢植えを上手に毎年きれいに玄関先なんかで咲かせている家を見ると、ため息が出ますですね。
毎年の刈り込み方とちゃんとした水やりと御礼肥(?)くらいでいける筈なんですが、それができないんですよね。
挿し木で増やすこともできるらしいし、ものすごく種類も豊富だし、凝りだして同好会なんかに入れば面白いんでしょうけどね・・・。
植物もそこのウチに合わせてくれる種類しか生き延びられません。
ご苦労様です。
ありがとうございます。

コメントを投稿

身の周りの植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。