鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

(続々) 男の病 その14 病窓からの風景 

2016年12月28日 01時30分40秒 | 健康ネタ




入院中のある日、私の寝ているベッドから朝焼けが観られた。
窓のロールカーテンを看護師が下ろして、カーテンも閉めきってくれて、2畳足らずの空間に圧迫感を感じながら、いつも夜を過ごしていた。
しかしいつものように夕方、看護師がテキパキとやってるときに、窓際のロールカーテンは下げず、カーテンも引かずにおいてもらった。
そうして見えたのが朝焼け、画像を撮ったら、UFOも写り込んだ。
病室の天井照明が映っただけだけれど、UFO写真というのはこんな偶然の写り込みや、意図的な創作画像がけっこう多いのかも知れない。
病棟の解体現場は入院当初から比べたら、1階分低くなった。
あるときに看護師(♀)が「エライことになってますねぇ・・廃墟みたいやないですか!」と言った。
「気分が荒(すさ)むよねぇ」なんて心にもないことを言って調子を合わせたけれど、私にすれば面白い景色。
屋上に放射能マークが見える小さい棟は、手術前検査の骨シンチグラフィー検査をやった場所。
放射線治療や放射線検査の本丸。
画像の中心部分の山に禿げた個所があるが、五山の送り火の『法』の字。
左側のマンションと思われるビルと重なってしまっているのが『妙』。
撮らないでしまったが、窓からギリギリ見える左端に『船形』がある。
積貞棟8階エレベーターホールは東側にあり、その窓からは銀閣寺上の大文字山にある『大』が、少し斜めから見る位置。
西側にある左大文字は見えるかどうか、そちらの窓に行くことがなくて確認していない。
8月16日に、この五山の送り火は灯されるのだが、入院患者はどんな気持ちで眺めるのだろう、などとも想う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (続々) 男の病 その13... | トップ | (続々) 男の病 その15... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sukebo)
2016-12-28 18:34:54
大きな山場を乗り越えて、少しはホットしながら、京都の山々がなんと、饒舌なんでしょう・・・。

UFOもいいです。
こころ静かにゆく年くる年の雪深い?
深々と降る雪を観ながら、どんな酒が?
日本酒の燗がいいか・・・楽しみです。

勢いのあるしょんべんで、何か・申し訳ないナ・・・と感じている今日この頃。
ゆっくり、ちばってね!
sukeboさんへ (とんび)
2016-12-28 20:05:31
>ゆっくり、ちばってね!

本日は退院後初めて遠出をしてみました。
初めてって言ったって、退院から中1日ですが・・
大変でした。
確実、1時間置きにパッド交換が必要でした。
引きこもりになりそうです。
ありがとう。頑張りませんが、ひたすら待ちます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。