鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

花梨の蜂蜜漬け

2016年10月20日 01時23分43秒 | 食べ方


花梨の実が手に入ったので、蜂蜜漬けを作ってみた。
テニスの仲間が、ノドの薬として手作りを常備してるのだと、ざっくりと作り方まで教えてくれた。
それならば、我がニホンミツバチの蜂蜜で作ってみようじゃないかと、450CCビンにザクザクに切った実をギュウギュウ詰めにして、上から蜂蜜を垂らしこむ。
およそ半分の220CCくらい入った。
もったいない気もしたけれど、風邪をノドから引くタイプのわたしなので、出来上がったら痛くなくても予防的に舐めようと思う。
種はいらないだろうと捨ててしまってから、種には果肉より多く効果的な成分があると言うものだから、種だけを取るためにもう一個切った。
いつだって泥縄式になってしまう。
ティーパックの茶葉を取り出して、一個分の種をパックに詰め、糸で口をグルグル巻きにして追加挿入。
種は独断で細かく切ったけれど、取り出したまま切らずに入れる・・などというフレーズがどこかに無いことを願う。
ザクザクに切った果肉も、イチョウ切りにするとか、熱湯で1分茹でてからとか、黄色く熟してから・・なんていうフレーズがあった。
発酵するかもしれないから冷蔵庫で保存するとあって、その通りにした。
二日経ったら、ドロドロだった蜂蜜がシャバシャバになって上半分が濁っているので、ビンを逆さまにしたり振ったりして混ぜた。
相当に果肉から水分を絞りだしているようだ。
果肉をひとかけら口に含んでしがんで(関西だけでしか通じないのではないか?・・スルメを味わうようにクチャクチャチュパチュパすること)みたら、渋さと甘さがマッチしてなかなかにいける。
本来寝かせる満了期間までに、果肉はつまみ食いでなくなっていくかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (続)男の病  その7 術... | トップ | (続)男の病  その8 術... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sukebo)
2016-10-22 17:59:23
はななし、はカリンと読むのですね。また初めてです。
カリンとは、バラ科・ボケ属に分類される中国原産の落葉樹です。平安時代に弘法大師が中国から苗を持ち帰ったことから日本に伝わったとされています。
くだものとはいっても、全てが生で食べられるとは限りません。カリンは、硬くて渋いので生食には向きません。しかし、ちょっとした加工やしゃれた使い方で、生活をとても豊かにしてくれる果実なのです。また、“咳止めに効く”薬用効果でも有名です。

ロシアの歌に「  ♪かりんかかりんかかりんかまや?」
世の中まだまだ不思議がいっぱいです!
sukeboさんへ (とんび)
2016-10-22 18:33:42
>世の中まだまだ不思議がいっぱい

高級座卓の材になる花梨は、別物みたいです。
南洋材なのかどうかもわかりません。
一度くらい、これはカリンです・・と自慢する人の座卓を見てみたいと思ったりしますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。