鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

孤軍奮闘すれど援軍来たらず

2016年09月17日 01時40分00秒 | 




大型のスズメバチを生きたまま確保。
ガレージでごそごそと作業している時に、物置場所にやってきて止まったので、飛び立つ瞬間を狙ってタモ網を振り回し、イメージ通りにとらえた。
スズメバチには血がさわぐ。
ペットボトルに何とか入れることができたので、こいつの終いの住みかはペットボトルとなる。
胴が伸び縮みするし頭部も伸ばし気味と俯き加減で長さが違うので、なかなか大きさを測れなかったけれど、だいたい45mmほど。
オオスズメバチだと思ったけれど、何だかスマートなので、よく調べたらオオスズメバチの次に大きい種類のヒメスズメバチ。
ヒメスズメバチとしては最大クラスではないか。
女王かもしれない。
2枚目の画像は入れた当初よくやっていた動きで、針もしゅぱしゅぱ出し入れしていた。
後ろ脚をこすって特殊な音を立てるか、針先からのある種のにおいを撒き散らして仲間を呼んでいるのだろうか?
スズメバチの中では一番おとなしい種類だそうで、ペットボトルに少し空気穴を開けておき、2時間余りガレージで作業をしつつ待ってたけれど、援軍は来なかった。
来たらどんどん捕まえるつもりだったのに残念。
古くなって黒ずんだ蜂蜜を少し入れた。
蜂が底の方に行っている時に蓋を開け、蓋の中に蜜を数滴入れて素早く戻す。
水も必要かと思い、穴から少し入れた。
もう少し穴をたくさん開けないと湿気が溜まって良くないかも知れない。
どのくらい生きるのか、初めてのヒメスズメバチ飼育が始まった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初の生サンマを塩焼きで | トップ | ベイクド・チーズ・ケーキ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sukebo)
2016-09-21 23:03:19
危険が身近にありますね!?
亜熱帯は「ハブ」でしょうか?!
「ハブより怖い飲酒運転」というのぼりが立っています。

ハブとは数十年も遭遇していません。
夜、頭をかじる虫?を手で掃きながら枕に逃亡したのはゴキブリでした。

掃除をしないと、台所やテーブルの下はアリが自由に動いています。
sukeboさんへ (とんび)
2016-09-22 00:15:34
虫好きには堪らない亜熱帯。
>危険が身近にありますね!?
>亜熱帯は

本土も亜熱帯化しつつあります。
宇治では、ムカデが時々家の中にいます。
噛まれたこともあります。

虫も殺さぬ顔をしているわけではないので、よく殺しますが、可愛がってもいるのです。
どなたにとっても迷惑な話でしょうが・・・。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。