鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

四郎丸、五郎丸

2015年08月09日 18時44分33秒 | 旅行




福井県の鯖江は眼鏡生産の町。
そこの8号線を走っていたら、四郎丸という交差点があった。
四郎丸と地名に付けるのはどういう理由があるのだろう。
私の母方の祖父は、新潟県長岡にある四郎丸小学校で、これこれこういう状態で亡くなったという話を叔母から聞かされたことがある。
それを想い出しながら走っていたら、今度は五郎丸という交差点があった。
では次は六郎丸かと思いながら、さらに走るとサンドーム南とか北とかの交差点があって、逆光にドームが浮かび上がった。
天草四郎を想い出すシルエット。
ただそのようにとりとめなく何やかやと連想しながら故郷に向かっているというだけのこと。
サンドームはわざわざ横道に逸れて撮ったが逆光でうまくいかなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火事 | トップ | 日没そして朝 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sukebo)
2015-08-10 18:16:35
左手に缶ビールで・・・車窓からみえる景色を肴にして
母やかつての恋人を想いだしてみたりして、センチメンタルジャーニー
そんな時は心はいつも中学生・・・。
sukeboさんへ (とんび)
2015-08-10 18:29:16
>センチメンタルジャーニー

そうありたいけれど、独りで運転してる旅は、ちょと違う感じがします。
気持ちがもうひとつ気楽になれないです。
などと言いつつも適当なことを想って書き出して、こんなん出ました・・という感じです。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事