鳥瞰ニュース

空にいるような軽い気分で・・・

蘭の株分け

2017年06月17日 04時05分04秒 | 身の周りの植物


知り合いから無料で分けてもらったキンリョウヘンという蘭を一気に株分けしてみた。
ネットで色々と調べ、4号というサイズのプラスチック深鉢を25個購入。
1号あたり直径3cmなので、4号は直径12cm。
ホームセンターを回ってもこのサイズがなくて仕方なしにネットショップを利用。
25個の税送料込みで3000円弱だったから、1個あたり120円ほどという安物。
軽石入り用土とか肥料とか水苔などは買い集めてあったが、鉢を並べる棚をどうするか決めかねていた。
捨てあぐねて放ったらかしの竿掛けと、不要になった掘り込みレールを使うことにした。
ニホンミツバチ誘引のためには、一鉢に1本花茎が立ち上がれば良いので、茎(バルブ)を3本仕立てにするというのを忠実に守り、大きい1鉢が14鉢になった。
もう一鉢小さめのがあるので、それも株分けすると、この上にもう1段必要になる。
適当な横部材が手にはいれば、さらにこの上に、もう1段とする予定。
一気にこんな風にしてしまって、来年ちゃんと花が咲いてくれるのか少し不安だ。
徐々にやれば良いものを、私の場合、思いついたら本筋でないところを無闇に走ってしまう悪い癖がまたしても。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アゲハチョウの卵 | トップ | 株分け第二弾 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sukebo)
2017-06-17 15:50:55
流石プロの技です。

凧つくりも巧く上がるか?が第一義で
とにかく、「サッとパット」作ってしまいます。同僚のそれとは見た目が違います。
上がれば見えんでしょう・・・?が言い分です。

昨日ビニール池一日で作ってしまいました。黒めだか専用にしようか・・・?





胡蝶蘭まだ咲いています。
sukeboさんへ (とんび)
2017-06-17 17:25:04
>凧つくりも巧く上がるか?が第一義で

第一義をちゃんとわきまえたらいいんですが、どうしたって道草を食って、そこにとどまる私です。
明日のブログは続きです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。